医者

医者の年収や給料はどれくらい?医者と結婚したい女性は必見!

投稿日:2017年10月13日 更新日:

医者の年収や給料はトップクラス

医者と言えば結婚相手で最も人気があると言っても過言ではありません。子供の頃から勉強しているため頭は良いですし、何より年収がかなり高いです。

医者と言えば高収入の代名詞。

しかし意外と医者の平均年収などの具体的な数字を知らない人は多いです。また同じ医者でも専門としている診療科が違うだけで若干年収は変わってきます。

そこで今回は医者の年収について細かくまとめてみました。

医者は総じて年収は高いのですが、同じ医者でも収入が大きく違うケースもあります

 

医者の平均年収は約1,500万円を超える

厚生労働省の調べによると、勤務医師の平均年収は約1,500万円となっています。ちなみに開業医だと約2,500万円となっており、どちらにしても高い年収です。

勤務医師と開業医の違いについては後述しますが、開業医のほうが年収は高い傾向にあります。

ちなみに日本人の平均年収は約400万円ですので、一般人の3~6倍もの収入がある計算です。

医者の平均年収から見ても分かるように、医者になってしまえばお金に苦労してしまう可能性はかなり激減します。

低めの勤務医師ですら約1,500万円ですので、医者と結婚できれば金銭面で苦労することはないでしょう。

 

医者によっては年収も大きく違う?

医者は高収入なのは間違いありません。

しかし勤務医と開業医の年収に違いがあったように、医者によっても年収は大きく変わってくるのです。

そこでどういった状況の違いで医者は年収が変わってしまうのかをまとめてみました。

 

勤務医と開業医の違い


photo credit: torisan3500 weighing machine via photopin (license)

勤務医と開業医は仕事内容も若干変わり、開業医は医者としての仕事だけではなく、経営力も必要です。

勤務医とは病院に勤務して、病院からお給料をもらう医師のことであり、開業医は自分で病院を開いて経営している医師の事を言います。

つまり開業医は経営者としての立ち位置ですので、勤務医よりも収入は高くなりやすいのです。

開業医の平均年収は約2,500万円ですが、年収が高い開業医だと年収6,000万円を超える人もいます。

勤務医と開業医だと給料に大きな違いがあるため、できるだけ高収入な医者と結婚したいのであれば、開業医の男性医師を狙って婚活すると良いでしょう。

ただ開業医は親子代々の医師家系であることも多いため、今でもかなり家柄を気にする医者一家もあります。もし子どもの成績が芳しくなかったら「嫁の悪いところが似たな」とボロクソに言われるなど親族問題でストレスになる医者妻も少なくありません。

勤務医師より開業医の方が医師妻としてのプレッシャーは高いため、できるだけ親族問題による心労を抑えたい方は開業医より勤務医を狙って婚活すると良いでしょう。

 

勤め先の病院の待遇


photo credit: gullevek Empty via photopin (license)

医者は勤め先の病院によって給料は大きく変わってきます。

【年収の少ない順】
大学病院の勤務医 < 民間病院の勤務医 < 開業医

特に大学勤務の医者は年収が低めです。大学病院は医療の底辺とも呼ばれており、ボランティアと例えられることもあります。

中には他でバイトをしながら働いている医者もいるほどです。

大学病院の場合だと、教授クラスになってようやく年収が1,000万円になりますので、平均年収と比べるとかなり低くなっています。

昇任するまでは年収300~600万円程度ですので、大学病院の勤務医は一般企業に勤めているサラリーマンと大差がありません

年収は1,000万円を超えている医者と結婚したい女性は大学病院勤務の男性は避けて、婚活すると良いでしょう。

 

診療科によっても変わる

内科や外科、皮膚科や耳鼻科など病院には様々な診療科があります。

この診療科によっても医者の給料には違いがあります。

ちなみに医者の中で最も給料が高いのは美容整形外科でしょう。

美容整形外科と言えば高須クリニックの高須院長がよくメディアに出ており、有名ではないでしょうか。まぶたの切開や鼻の整形など美容を目的とした医療行為をする病院に勤めている美容整形外科の医者は他の診療科よりダントツで高い収入をもらっています。

開業医であれば年収1億円も狙えますので、一端の美容整形外科医でもかなりの年収であることは間違いありません。

また様々な診療科がある中で、美容整形外科医の医者人口は内科医に次いで第2位ですので、高収入ゆえの人気の高さが伺えます。

美容整形外科医はかなり多いので、高年収の男性医師と結婚したい女性は美容整形外科医を狙って婚活してみるのも良いかもしれません。

ちなみに医者人口が一番多い内科でも勤務医で年収1,000万円以上を平均でもらっています。そのため大学病院の勤務医でない限りは高収入な医者ばかりと言っても間違いではないでしょう。

また病院側が診療代を設定できる自由診療を適用できる皮膚科医・眼科医・精神科医・産婦人科医の年収は基本的に高いです。

 

医者と結婚する時は給料面に気をつける?

医者と言えば高収入の代名詞ですが、医者にしては年収が低い男性もいるのは事実です。

あなたが結婚相手にいくらの年収を求めてるかによって、婚活で狙う男性医師を決めると良いでしょう。

年収300~600万円などの一般的な給料で良いのであれば、大学病院勤務の男性医師。
年収1,000万円以上は欲しいなら、民間の病院に勤務している男性医師。
確実に年収2,000万円クラスの男性と結婚したい場合は開業医の男性医師。

あなたが結婚相手に希望するステータスに合わせて、狙って婚活してみてはいかがでしょうか?

また年収が高くなればなるほど、結婚するまでのハードルが上がるのはもちろん、結婚後も親族関係などで苦労する可能性も高いので、年収だけで結婚を決めないほうが良いかもしれません。

 

医者の年収を見るとお金の心配はほとんどない

今回は医者の年収について細かくまとめてみましたが、生活が苦しいほど年収が低い医者はもちろんいません。

大学病院勤務の医師は年収が低い傾向にありますが、一般企業と比べると、それほど低い年収でもないです。

さらに日本の医者は内科医が最も多く、その次に美容整形外科医が多いため、基本的に医者との婚活をすれば大体が高収入な男性医師と出会うことが出来ます。

一番多い内科医でも平均年収は1,000万円を超えますので、婚活で出会う医者のほとんどは年収1,000万円超えと言っても過言ではありません。

医者の中でも年収は違いますが、婚活をしていて出会った医者の年収を探るのも失礼ですし、敏感な医者はすぐに気づきます。

医者もお金目的で近づく女性が多いことから、婚活の場ではお金の話になると身構えてしまいますので、あまり年収のことは表に出さずにコミュニケーションをとることが大切です。

 

結婚相手としてリスクのある医者もいる

医者は様々な要因で年収が微妙に変わってきますが、実は医者によってそれぞれのリスクがあります。

例えば産婦人科として働いている医者は高年収ですが、訴訟リスクが高いデメリットもあるのです。

実際に帝王切開中に母親が亡くなってしまった件で、医師個人に賠償請求された事件もありました。産婦人科は病気を治すのではなく「安全に子どもが産めるように手助けする」ことしかできないため、どの医師もが絶対安全に出産を成功させるということはできません。

しかし世間では「医者が病気を治すのは当たり前」という考えが多いため、無事に出産できなかった場合に訴訟されることが多いのです。

もしあなたの結婚相手の産婦人科医が訴訟されでもしたら、その医師が賠償金を払わなければいけないため、仕方のないことでも被害を被ることもあるでしょう。

他にも訴訟リスクが多い診療科と言えば、小児科や救急センターも多いです。

特に救急センターでは、受け入れをして最善を尽くしたものの、助けられなかった場合に訴訟されることもあります。

よっぽどのことがなければ訴訟されることはないかもしれませんが、他の診療科に比べると、産婦人科や小児科、救急センターなどの訴訟リスクが高いのは事実です。

 

そんな医者と出会い・結婚するためには?

高収入で結婚相手として、とても魅力的な医者ですが、待っているだけではなかなか医者と出会うことはできません。

病院へ行っても、相手の医者から見たら患者さんに過ぎませんし、診察してくれる医師が独身かどうかも分からないでしょう。

医者と結婚するために大切なことは、医者との出会いの数を増やすだけでなく「結婚する意思の高い」医者との出会いの数を増やすことが大切です。

いくらあなたの目の前に高年収な医者が並んでいても、相手に結婚する意識がなければ、いくらアプローチしても失敗に終わります。

相手の男性医師が結婚する意思を持ってこそ、初めて婚活できますので、医者と出会い、結婚するためには結婚意思の高い医者が集まりやすい婚活パーティーや結婚相談所、婚活サイトなどを使って婚活すると良いでしょう。

医者と出会う方法はたくさんありますので、まずは婚活の場に足を運んで、医者との出会いを増やしていくことをおすすめします。

特にマッチングアプリやマッチングサイトとも呼ばれている婚活サイトであれば、無料で始められるので、どこで婚活すればよいか迷っている方は婚活サイトから始めてみると良いでしょう。

お互いにいいなと思ってマッチングした医者としかやり取りできないようになっているマッチングサービスならあなたに好意を持っている医者と出会える可能性も高いです。

まずは結婚意識の高い婚活サイトで医者の男性を探してみましょう。

結婚意識の高い婚活サイトの無料会員で医者を探す女性はこちら

-医者

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 AllRights Reserved.