パイロット

パイロットの年収や給料はどれくらいか詳しくまとめてみた

更新日:

給料が高い職業といえば必ず名前があがる「パイロット」。しかし、実際にはどのくらいの年収があるのか、福利厚生などの手当てはどうなっているのかなど、知らないことは多いのではないでしょうか。

今回はパイロットの年収や給料、手当てや待遇について詳しくみていきます。相手の職業の給与や安定性は結婚するときにはぜひチェックしたいポイントなので、しっかりと確認していきましょう。

パイロットとの結婚を目指すためにおすすめの婚活サイトはこちら

 

パイロットの年収や給料は高いの?

給料が高い職業と聞いてイメージする仕事はなんでしょうか?医者やプロスポーツ選手、投資家や大学教授などをイメージする人も多いかもしれませんね。パイロットは数ある職業の中でも、かなり給料や年収が高い職業です。

国税庁の統計調査による人口に対する年収の割合をみれば、どのくらいの年収があれば高給取りなのか、低所得なのかが分かります。日本の中で一番多いのが年収200~300万円で約17%、大きく見ると年収300万円以下の人々は全体の40%を占めるのです。

年収300万円というと、単純計算で月収が20~25万円ほど。今の若い世代がもらう一般的な給与だといえるので、年収が300万円以上あれば平均以上の給料をもらっている人ということになります。

年収300万円以下の人が全人口の4割を占める中、次に多いのが400万円以上500万円未満でおよそ9%、年収1,000万円以上1,500万円未満の人は約3%です。全体で見ると、年収が1,000万円以上ある人は4%ほど。

つまり、年収が1,000万円以上あればかなりの「高給取り」であるといえますね。では、イメージの通り、給料がいいパイロットの給料と年収はどれくらいあるのか、次の項で詳しく見ていきましょう。

 

パイロットの平均年収は約1,190万円

職業別の給与や年収は厚生労働省による「賃金構造基本統計調査」の結果から算出できます。平成27年の場合、航空操縦士(パイロット)の平均年収はおよそ1,190万円であるという結果です。

月収にすると90万円前後で、一年間の賞与は100万円前後。これは職業別年収ランキングにすると第二位という結果です。一位は大きな病院に勤務する医師で、年収が約1,230万円となります。

なぜパイロットの給料が高いのかというと、理由は以下の2つが考えられます。

  • 航空会社が増えたことで路線や運行数が増えたから
  • パイロットになるには高い基準をクリアしなければならないから

現代は格安航空会社などが増えたことで飛行機で行ける場所が増え、便と航空会社の選択肢が増えました。飛行機を利用するという需要は高まっているのに対し、パイロットになるには一定の厳しい基準をクリアしなければなりません

健康に少しでも異常があればパイロットにはなれませんし、途中で辞めざるを得ない状況になることも。血圧やBMIの数値、アレルギー性鼻炎に関しても厳しい検査が行われるのです。

このように、パイロットはなるにも続けるにも厳しい職業であり、誰でもなれるわけではないという参入が難しい職業であることから、給料が高い職業だといえます。

 

パイロットは就職先で年収や給料は変わる?

上記で紹介したパイロットの平均年収は企業ごとの調査から算出したものなので、航空会社の大手2社(ANAとJAL)に当てはまります。パイロットの人数で平均年収を算出すると、約800万円まで下がるのです。

つまり、パイロットの年収や給料は就職先によって大きく変わるということです。パイロットといえば、JALやANAといった日本の大手航空会社をイメージしますが、スカイマークやジェットスター、バニラエアやピーチなどの格安航空会社(LCC)もあります。

また、自衛隊のパイロットや、一般企業のプライベートジェットや航空撮影などのヘリコプターを操縦する仕事もパイロットの一種です。自衛隊の場合は年齢や階級で収入にかなりの差が出ます。

航空自衛隊の場合は最低でも年収が490万円と決まっており、上は1,000万円以上と高くなるのです。つまり、高卒でも自衛隊のパイロットになれれば、年収は490万円。陸上自衛隊や海上自衛隊が300万円程度であるのと比べると、航空自衛隊のパイロットはかなり高給取りですね。

一方のプライベートジェットのパイロットや、撮影や物資運搬などの事業を行う企業に務めるパイロットの場合は、給料にかなりの差があります。フリーランスとしてセレブや要人と契約して仕事を得ているパイロットの中には、一人で大手航空会社のパイロットの倍以上の年収を稼いでいる人もいるのです。

 

パイロットの福利厚生はどうなっているの?

パイロットは給料が高いだけでなく、福利厚生などの待遇の面でも優れた職業です。JALやANAなどの大手航空会社だけでなく、航空事業を行っているほどの企業であれば、ほとんどの場合で以下のような一般的な待遇を受けられます

  • 社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、介護保険)
  • 児童手当
  • 交通費の支給
  • 住宅手当、家賃補償、寮
  • 健康診断
  • 家族手当
  • 資格取得の支援
  • 社員食堂
  • 勤労者財形貯蓄制度

このような福利厚生は大手航空会社だけでなく、日本の一般企業でとり入れられていることが多く、パイロットだからといって目立った福利厚生制度はありません。社会的な安心を保証するという意味では、パイロットも例外なく待遇を受けられるのです。

しかし、航空会社に勤めているからこその待遇もあります。それは航空券を無料や割引で使えることです。会社や条件によって異なりますが、一等親や二等親までと決まっていたり自己負担額が異なったりします。

また、パイロットは副操縦士か機長かで、もらえる職務手当の額が変わります。パイロットは機長に昇格できるかに関して、飛行回数や飛行距離が重要なポイントです。年功序列や所属の部署によって年収が決まるという部分もあるため、職務手当の割合は給与の額を大きく左右します。

同じく、パイロットには機体ごとに操縦資格が必要なので、大型の機体や最新の機種を操縦できるパイロットほど手当てが多くつくのです。パイロットは一般的な福利厚生が手厚く、手当てもつきやすいことから、モチベーションが上がりやすいのではないでしょうか。

 

安定した給料をもらえるパイロット

パイロットはなるのも続けるのも難しい職業であるため間口が狭いですが、他の職業に比べると競争が激しくありません。そのため、続けられれば安定した待遇と給料をもらえるのがパイロットのメリットです

前途した通りパイロットの平均年収は約1,190万円。平均年齢は42歳、勤続年数は13年となっています。年収を年齢別に見てみると、40代が最も高いです。パイロットで40代といえば機長になってバリバリと活躍する頃。

副操縦士から機長になるまでには15年ほどかかるので、機長になった40代以降は安定して1,000万円以上の給料をもらっている人が多いです。自衛隊のパイロットの場合も同じく、手厚い福利厚生と安定した給料と雇用が保証されます。

航空会社のパイロットの場合、とくに大手2社に就職すれば業界の競争に巻き込まれることもなく、安定した給料によって仕事に集中できるでしょう。自衛隊には厳しい訓練がありますが、階級が上がるほど現場から離れて安定するようになるといいます。

 

そんなパイロットと出会い・結婚するためには?

パイロットと出会うには、キャビンアテンダントか空港のグランドスタッフになるという方法があります。CAはパイロットと直接関わる仕事ですし、グランドスタッフでも食堂やバックヤードで出会う機会はあるでしょう。

ただ、キャビンアテンダントもグランドスタッフも簡単になれる仕事ではありません。すでにほかの業界である程度の社会人経験があり、役職についてバリバリ働いているという女性にとっては、これらの仕事に転職するのは困難ですよね。

そのような女性でも、婚活サイトを使えばパイロットと出会える可能性が高まります。パイロットは人数も少ないので競争も激しいですが、まずは行動してみることが大切です。1人目とはうまくいかなくても、その人のパイロット仲間を紹介してもらうという方法もあります。

日常生活の中でパイロットと出会うことは難しいですし、出会えたとしても恋愛や結婚に発展するかどうかは分かりません。まずは気軽に出会うことを目標として、簡単な方法である婚活サイトからはじめてみましょう。

婚活サイトは無料会員から利用できますし、職業で検索してお相手佐賀市も可能なので、パイロットに絞り込んで出会いを見つけやすいです。

また仕事で忙しいパイロットでも、スマホ1台あればできる婚活なので、利用しているパイロットも少なくありません。

 

特に婚活サイトのなかではゼクシィ縁結びがおすすめです。

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営しており、結婚を真剣に考えたパイロットが婚活しています

利用者の8割が半年以内にパートナーと出会えている実績も高いです。

メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば、3分程度で無料会員登録できます。

まずは無料会員でどんな男性パイロットがいるのか、顔写真とプロフィールをチェックしてみましょう。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

あなたにおすすめの記事


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-パイロット

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.