弁護士

弁護士の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

弁護士といえば、映画やドラマなどで一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

ただ映画やドラマで出てくる弁護士はとても輝いて見えますが、実際はどのような仕事内容なのか知らない人も多いです。

映画やドラマに憧れて弁護士を目指したはいいものの、実際に働き始めて「こうじゃなかった...」となるかもしれません。

そこで今回は弁護士の仕事内容について簡単にまとめてみました。

 

弁護士の仕事内容を簡単に説明すると...

弁護士のお仕事は、ザックリ説明すると「基本的人権を守り、法の番人になる」ことです。

たくさんの人が生活する場所では、多かれ少なかれ人間同士のトラブルが起こるものといえます。

そうしたトラブルを当事者同士で解決できない場合には、法律に則って解決することになるわけですが、その法律に精通しているのが弁護士というお仕事なのです。

テレビドラマや映画の中には、弁護士を主役としたストーリーが多くありますね。法廷で悪い人たちを論破する話術にたけた弁護士もいれば、離婚トラブルなどで当事者の代理になって相手と条件面で交渉する人もいます。それぞれ働き方や働く舞台などは違っても、司法試験に合格して国家資格を持っている人でなければ生業とする事が出来ない尊い職業なのです。

弁護士は、それぞれ専門分野があります。専門分野以外でも、法律に関する知識には長けていることが多いのですが、専門分野になると奥深い部分まで知識や弁護スキルなどが優れているため、何かのトラブルで弁護士に相談をする場合には、その分野を得意とする弁護士を見つけることが必要ですね。

 

民事裁判と刑事裁判で仕事内容は変わる

弁護士が取り扱う案件は、大きく分けると民事裁判と刑事裁判とに分類できます。刑事裁判は、刑法上の犯罪が対象となり、犯罪をした被告人を弁護するというのが弁護士の役割となります。被告人を弁護する際には、被告人から直接依頼を受けて引き受けるケースもあれば、経済的な余裕がない被告人に対してつける国選弁護人として選ばれるというケースなど様々です

民事事件の場合には、人間同士のトラブルを依頼人のリクエストによって整理しながら解決の糸口を見つけるというお仕事をします。トラブルと言っても多種多様ですが、離婚トラブルや傷害による賠償請求、その他ご近所トラブルなど、刑法の対象にならないトラブルを法律の力で解決するのが、民事裁判の役割です。

刑事裁判でも民事裁判でも、弁護士の仕事は依頼人の利益を守るということです。弁護士自身の考えや価値観を主張するのではなく、弁護人の利益を最優先に考えることが、弁護士の仕事に求められる必要不可欠な要素となります。

 

民事裁判のときの仕事内容

弁護士の中には、民事裁判に関する分野を専門にしている人がたくさんいます。

民事裁判の際の弁護士の仕事は、事実関係を把握して整理しながら、依頼人の希望に沿って有利に導くための準備を行います。この準備作業の中には、書類作成などの作業だけではなく、依頼人に有利になるような証拠を集めたり、情報を提供してくれるような人を探すような作業も含まれているため、なかなか時間や労力、そして手間がかかる作業になることは多いですね。民事裁判にかかわる弁護士の多くは、証拠集めや情報提供などの作業はパラリーガルと呼ばれるアシスタントに依頼することが多く、本人は膨大な書類作成に時間を費やすことになります。

民事の案件については、必ずしも裁判になるというわけではなく、弁護士を介入した示談で問題が解決することは少なくありません。弁護士の仕事は、依頼人の利益を最大限にするために、ベストな得策を見つけることなのです。

 

刑事裁判のときの仕事内容

刑事裁判においては、弁護士の仕事内容は民事裁判の時とは大きく異なります。

民事裁判の場合には、依頼人にとって有利な証拠を探すために調査をしたり情報収集をする事は弁護士の役割となりますが、刑事事件の場合には、警察が行った調査資料を基に情報収集をしたり、有利な証拠を探すことになります。

この場合でも、弁護士本人が足を使って情報収集をするわけではなく、アシスタントが実際の作業をする事になるわけですが、刑事裁判における弁護士の仕事内容には、裁判時の弁論という大きな仕事がありますね。

特に近年では、裁判員裁判制度があるため、自分が担当している被告の言い分を、一般人の裁判員に理解してもらうための話術や論述が求められます。そのため、刑事裁判を担当する弁護士は、高いコミュニケーションが求められることは言うまでもありませんが、裁判の準備に膨大な時間を費やすことになります。

 

守秘義務も弁護士の大切な仕事

弁護士には、守秘義務というものがあります。これはどういうものかというと、依頼人のプライベートが外部に漏れないように、依頼人との会話や情報はすべて内密にしなければいけないというものです。弁護士が勤務する法律事務所の中でそうした情報が共有されることは問題ないのですが、それ以外の人には漏らしてはいけないというルールになっています。たとえ依頼人の家族や知人に対しても、守秘義務は守らなければいけません。これは弁護士にとっては、大切な仕事の一つと言えるでしょう。

例えば飲みの席でうっかり仲の良い友人に話してしまうのはもちろんいけません。

もしもうっかり言ってはいけないプライベートを外部に漏らしてしまった場合には、守秘義務違反ということになり、その弁護士は厳重な処分を受けることになります。そのペナルティは重く、弁護士会から懲戒処分を課せられてしまったり、除名処分という厳しい処罰を受けることもあります。

守秘義務だけではなく、弁護士には高い行動規範や職業倫理が求められているため、法律違反というわけではなくてもルールやモラルを守ることができない人は、厳しい処罰の対象となってしまうのです。

 

弁護士によって得意とする分野は違う

弁護士が携わる分野はたくさんあります。企業の案件を得意とする人もいれば、離婚裁判とか相続に関する案件を得意とする人もいるでしょう。医療訴訟を専門にしている人もいれば、金融トラブルの解決を専門分野にしている人もいます。どの分野でも、基本的な法律に関する知識はどの弁護士も持っていますが、依頼人の利益になるように有利に導くという弁護士の職務の上では、得意分野の案件の方が、ダントツ有利と言えるでしょう。

例えば、弁護士の中には離婚に関する分野を得意とする人がたくさんいます。離婚の案件と言っても、依頼人から法的な相談を受けて適切なアドバイスをするというお仕事もあれば、実際に離婚裁判の際に有利に導いてほしいと委任されることもあります。離婚に関して法的なアドバイスをするという点では、離婚を得意分野としている弁護士でなくても可能ですが、離婚裁判の委任となると、この分野を専門に行っている人の方が強いと言えるでしょう。

 

勤務先の事務所によって仕事内容は変わる

弁護士の仕事は、依頼人の利益を最大限にできるように導くことです。この目的のために、弁護士は様々な分野の案件に取り組み、いろいろな方法で依頼人の希望に沿うために尽力することになります。

一般的に弁護士の仕事というと、裁判で必要な書類を作成するとか、裁判で依頼人を弁護するなどの仕事をメインに行っているというイメージがありますよね。確かに、これらは弁護士にとっては大切な仕事内容ですが、勤務している法律事務所によって弁護士の仕事内容は異なることはご存知でしょうか?

例えば、たくさんの弁護士が勤務している大規模な法律事務所の場合には、一つの案件に対して複数の弁護士がチームとなって対応することが多く、それぞれに役割分担がされます。

弁護士としての経験値やスキルに応じて適切な職務が与えられるため、書類作成のみを行う人もいれば、裁判での対応を担当する人もいるわけです。一方で、開業して小規模な法律事務所で働く弁護士の場合には、一つの案件を一人で抱える事が多くなるため、書類作成も裁判での対応もすべて一人でこなさなければいけません。

法律事務所ごとに、どのような案件を多く取り扱うかは異なるため、そうした案件の分野や種類によっても仕事内容は変わってきますから、弁護士の仕事と言っても一辺倒というわけではなく、多種多様にわたっていると言えます。

 

弁護士の仕事内容は様々

弁護士の仕事内容は様々です。テレビドラマや映画の中に登場する弁護士は、裁判の中でカッコよく弁論をするのがお仕事だというイメージがありますが、それだけではありません。

裁判で必要な書類を準備することも弁護士の仕事ですし、依頼人に有利な証拠や情報を集めたり、裁判でどんな風に弁論するのかという戦略を立て、そのために必要な情報収集を行ったりということもまた、弁護士の仕事となります。

働く事務所や弁護士としての経験値によっても職務内容は異なりますし、どんな分野の案件なのかによっても仕事内容は異なるでしょう。

弁護士というお仕事は、精神的にタフでなければいけないだけでなく、体力的にもタフでなければ長く続けることができないお仕事なのです。

それでも、依頼人が勝訴すれば大きな満足感や達成感、充実感をおぼえることができるので、長く続けようという気持ちを維持できるのかもしれませんね。

 

あなたにおすすめの記事

弁護士の年収や給料はどれくらい?弁護士と結婚したい女性は必見!

「弁護士ってどれぐらい年収もらっているの?」 結婚相手として人気のある弁護士。高収入な職業としても有名です。 ただ弁護士が年収や給料はどれぐらいもらっているのか、具体的には知らないのではないでしょうか ...

弁護士になるにはどうすればいいの?弁護士になる方法をまとめてみた

「弁護士になって人の役に立ちたい」 「弁護士になるにはかなり努力しないといけない」 弁護士はかなり勉強をしないとなれない職業というイメージも強いですが、人の役に立つ仕事として魅力があります。 ただ弁護 ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-弁護士

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.