税理士

税理士の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

女性の方々が婚活でお相手を選ぶ時の条件として、収入面から職業をチェックするのがセオリーでしょう。

どんなお仕事をしていて、どのくらいの経済力を持っている方なのか?生活を共にする人生のパートナーですから、かなり慎重にチェックしておきたい項目です。

そこで今、独身女性に人気が高い職業は圧倒的に税理士とされています。

女性誌の婚活系アンケートでも、税理士や弁護士といった士業の人気が非常に高まっているとの結果がありました。

ひと昔前は公務員が人気でしたが、実は公務員よりも収入が良くて、定年の心配もないというメリットが税理士職にはあるのです。

一見地味な職業なのですが、税理士の方を結婚相手に希望する女性が増えています。

ですが、税理士の仕事について詳しく知っている人は少ないでしょう。

どんな結婚生活になるのか、彼等の仕事面からちょっと考えてみましょう。

 

税理士の仕事内容を簡単に説明すると...

税理士のお仕事は主に、企業や個人事業主や資産家の方々からの確定申告の代行の依頼です。

また平時の会計処理を代行したり、効果的な節税対策などについてのアドバイスをすることも日常的業務となり、大手企業の顧問として、あるいは中小企業のクライアントを複数担当する形で、法人の経営面でのパートナーとしてお仕事します。

確定申告に関しては様々な内容があります。

法人での確定申告には、法人税・法人住民税・法人事業税・消費税などがありますが、年に2回の決算月を行う企業の場合は、税理士への依頼が11月と5月に集中します。

もちろん固定資産税や消費税の申告も年末にある為に、この時期も忙しさを増すでしょう。

また個人事業や中小企業などは12月決算を選ぶ傾向が強いので、この場合は2月ごろに依頼が集中する事となります。

こういった法人の確定申告書類の作成が税理士事務所の大きな収入源ですので、少し無理をしてでも依頼を受けるのが一般的です。

ですから確定申告の時期はいつも残業が多くなり、家でゆっくりと過ごす事が難しい職業と言えるでしょう。

ただし、この努力がクライアントからの信頼を産み、ひいては社会的ステイタスを高めているのは事実です。

女性の方々が結婚相手に選ぶ理由もここにあるのではないでしょうか?

 

税理士には3つの独占業務があり、なくてはならない仕事

税理士のお仕事には、税理士だけが行える業務が3つ程あります。

この独占業務が法的に設定されていることが、税理士の大きな利益の根源となっているのです。独占業務として定めているからこそ、税理士という職業が必要になっているため、税理士は日本という国がある限りはなくならない仕事と言えるでしょう。

その独占業務とは、一つが税務相談業務です。法人や資産家の方々に税に関するアドバイスをする資格を持つのは税理士だけとなっています。二つ目が確定申告書などの税務書類の作成です。三つ目は税務代理といって、税務申告の代行業務となります。では、それぞれの業務を詳しくチェックしていきましょう。

 

税務相談

税務相談とは『税務代理において、租税の課税標準の計算に関する事項について相談に応ずること』と法的に定められていて、法人として顧問税理士という形で依頼されるケースがこれにあたります。

ちなみに個人が単発に税に関する質問をして、これに回答する場合は税務相談に含まれません。よく税関系のサイトに無料相談がありますが、こういった場合は税理事務所などのサービスの一環として行っている場合がほとんどです。そして無料相談をきっかけとして、もっと踏み込んだアドバイスへと発展させる目的があります。

つまり税務相談は法人や個人事業主、あるいは資産家の利益を優先した税務顧問として契約をする事を意味しています。この際の顧問料が収入になりますが、大手企業の顧問でない限りは、それ程高い報酬を得る事はありません。中小企業の場合は月に10万円以下の場合が多く、税務相談室を設けている事務所の場合は何十ものクライアントを抱えているケースが多く見られます。

 

税務書類の作成

税理士の方々が日常の業務として行っているのが税務書類の制作です。この税務書類とは、確定申告の書類の事を指します。申告内容次第で課税額が決まるので、如何に無駄な税金を払わないように申告するかが税理士の腕の見せ所となります。

つまり税理士は依頼者である法人・個人事業主の納税額を決定する権限を持っていて、この部分が社会的地位を確立する根源ともなっているのです。

ですから、書類の作成には税理士自身の税制度に対する理解や判断力が問われます。その為に、作成書類の良し悪しで税理士個人の力量が測られる大事な仕事なのです。

この作成は月次業務の形で行いますので、日常的な業務となります。

具体的には、その法人の伝票整理も行いますし、試算表を作ったり、資金繰りの資料を作成する事もあります。また給与明細や源泉所得税納付書の作成もありますので、かなり多忙な業務だと言えるでしょう。

 

税務代理

税務代理のお仕事は、法人や個人事業主、投資家などの納税者にかわって、税務署に税金申告・申請を行うことを言います

税金には法人税や所得税、相続税や贈与税など複数の種類があり、それぞれに税法が定められていて、計算方法や控除のあり方も様々です。

もちろんそれぞれの法人が自身で税申告する自主納税は可能ですが、税法は非常に複雑ですから全体を把握する事さえ難しく、しかも頻繁に改正があって、適切な申告・納税をするだけでも大変です。

はっきり言えば、税法の知識のない方が法人の申告・納税を行なう際に、効果的に節税する事がとても難しいのです。

この点で税理士が重要な働きをしてくれます。

また納税では、申告して税金を納めれば終わりという訳にはいきません。申告書に不備などがあれば税務署からの問合せがあり、会計帳簿や証拠書類の調査がなされる事もあります。

こういった税務調査に対しても、法的見地から適切に対応するのが税理士の役目です。これらすべてを含めて税理代行というお仕事になります。

 

税理士の仕事が忙しいのは確定申告の年度末

税理士のお仕事の繁忙期は一般的に5月~11月の間と言われますが、もう少し正確に言いますと、依頼されるクライアントによって忙しい時期が多少変わってきます

まず、中間決算・本決算を行っている企業の税務代理を請け負っている税理事務所・会計事務所では、9月・3月の決算期の2か月後からが忙しくなります。

つまり5・6月と11・12月は超繁忙期です。また年末に税申告を行う個人事業主や中小企業をクライアントに持つ事務所は年末年始が忙しく、投資家や資産家など確定申告の場合は2・3月に依頼が集中します。

この様に、どういった種類の依頼を受けているかによって繁忙期がずれてきます。結婚相手の忙しい時期をあらかじめ知っておくのは、結婚生活をスムーズに進めていく上で大事なポイントとなるでしょう。

 

個人事業主や企業に仕事を頼まれることも多い

税理士事務所・会計事務所は、顧問料や税申告書類作成料や税務代理料金によって収益を上げる業種です。

ですから、基本的にクライアントのほとんどが法人か個人事業主という事になります。

ただし、バブル崩壊後の日本経済では、年々企業の数が減少傾向にあり、反対に税理士事務所は増加傾向をたどっています。

このためにクライアントの争奪戦も激しさを増しているのが現状です。そこで、近年ではFXトレードや株式トレード、仮想通貨トレードを行っている投資家の方々の依頼も増えてきました。

個人投資家に営業する税理士事務所も多く、競争に負けたら仕事がなくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

勤務先によっても税理士の仕事内容は違う

税理事務所が取り扱うお仕事には、大きく3種類があります。

その一つが税務相談業務です。これを担当する税理士の方は、企業の経理部などのアドバイザーや顧問として働きます。もちろん企業に出向するケースはまれですが、幾つかのクライアントを掛け持って、それぞれの税対策等を担当します。また事務所が運営する相談室などのスタッフとして働く場合もあります

二つ目が税申告のための税務書類の作成です。ただし、書類作成だけを請け負っている事務所はそうありません。普通は税務代理として税務署への申告・納税・アフターケアまでを含めて行います

三つ目は今述べた税務代理です。

この3つの役割を同時に行うのが一般的な税理事務所の在り方ですが、どの部分にウェイトを置いているかで、担当するお仕事の内容も違ってくるでしょう

 

税理士の仕事内容は様々

税理士と一言でいっても、その仕事内容が様々である事がお分かり頂けたと思います。

またそれによって繁忙期や忙しさが多少変わってくる事も分かって頂けたでしょう。

もう一度最後に、税理士の仕事内容についてまとめておくと、まず税申請書などの作成業務と申告手続の代理があります。

また法人や個人事業主のクライアントへ、顧問という形で、適切な納税と健全な会社経営を目指したサポート業務も行います。

特に企業の資金調達・資金繰りの相談などは重要な役割です。また確定申告の直前に、あちこちで税務相談会などが開かれ、そのスタッフとして参加します。

その他にも役員や株主の所得税の税理代行や、個人投資家などの税相談もあります。

不動産などの財産管理や相続税対策のアドバイスもあり、税理士の活躍の場は実に多種多様に跨っているのです。

 

あなたにおすすめの記事

税理士の年収や給料はどれくらい?税理士と結婚したい女性は必見!

女性の方々の婚活で、人気ナンバーワンとなった職業は税理士です。 医者やIT産業のベンチャー社員、公務員でもなく、間違いなく若い女性たちから熱い視線を集めているのは、一見地味にさえ見える税理士などの士業 ...

税理士になるにはどうすればいいの?税理士になる方法をまとめてみた

税理士の男性と結婚をしたいなら、思い切って自分も税理士になって、同じ業界人として婚活をしようという手段もあります。 もちろん結婚のためだけに税理士になるという人は珍しいでしょうが、結婚したい男性の職業 ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-税理士

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.