商社マン

商社マンになるにはどうすればいいの?商社マンになる方法をまとめてみた

更新日:

商社マンは多くの女性にとって結婚したい、あこがれの的と言えるでしょう。

高年収であるだけでなく、話術が巧みでコミュニケーション能力が高いのは、女性にとって大きな魅力だからです。

これから商社マンと結婚したいと思っている方であれば、そもそも商社マンになるにはどうしたら良いのかについても知っておく必要があるでしょう。

商社マンと交際するためには、どのような仕事内容なのかはもちろん、どんなコースで商社マンになれるのかを知っておくのは重要です。

では商社マンとの結婚を望んでいる方のために、どうやって商社マンになるのか、商社マンにはどのような資質が求められるのかを考えましょう。

 

商社マンになるには商社へ就職する

まず大前提として、商社マンになるためには商社に就職することが必要になります

日本国内には総合商社と呼ばれる非常に大きな商社があります。まさに一流企業ですが、そうした総合商社は日本国内にわずか7つしかないため、狭き門です。

一方で専門商社と呼ばれる商社は日本中に数多く見られます。

この総合商社・専門商社に就職することが、商社マンとしての第一歩ということになるでしょう。

学歴は、高卒でも商社に就職することは不可能ではないものの、総合職として就職したいのであれば大卒以上が条件です。

大卒の場合、商社が取り扱っている製品に強い分野の学部出身だと有利になるでしょう。

全体として経済学部や法学部出身者は商社マンになりやすい人材とされています。

 

商社マンになるために必要なものは?

商社マンになるために必要なスキルはいくつかあります。

とても重要なスキルの一つがコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力がないと、商談を順調に進めたり、人間関係を築いたりするのが難しくなってしまうのです。そのため、面接の段階でコミュニケーション能力の有無は厳しくチェックされていきます。高いコミュニケーション能力は商社マンになるために大きな武器となるのです。

続いてどんどん契約をとるための行動力も求められます。

商社マンは受け身でできる仕事ではありません。積極的に生産者やメーカーのもとを訪れて交渉をしなければならないでしょう。国内を走り回り、時には海外にまで出張に行って、現地の生産者やメーカーと直接取引しなければならないこともあります。何度も何度も足を運ばなければ契約がとれないということも珍しくありません。

このように行動力がなければ商社マンは務まらないのです。

加えてリーダーシップが求められる場面も多くなります。特に海外のプロジェクトの場合、自分がリーダーとなってプロジェクトを進める機会が増えていくでしょう。

現地のスタッフに指示を出し、トラブルがあったらフォローし、チームとして機能させていくには強いリーダーシップが必要なのです。

一方で、英語などの言語力は確かに商社マンに欲しいスキルではありますが、コミュニケーション能力やリーダーシップに勝るものではありません

あくまで言語ができれば交流の上で有利になる可能性があるという程度なので、やはりコミュニケーション能力やリーダーシップを磨いておく必要があるでしょう。

ただ外交をするとなると、英語はほとんど必須スキルといっても良いです。取っておいて損をすることはありませんので学生のうちに英語をたしなんでおきましょう。

 

商社マンに向いている人はどんな人?

商社マンに向いている人として、まず挙げられるのは外交的な性質の人です。さらに好奇心が旺盛なこと、外国語が得意な人、仕事を続けるための体力があるというのも重要です。一つ一つを詳しく見ていきましょう。

 

コミュニケーション力がある

商社マンとして成功するためには、交渉相手と通じあうためのコミュニケーション能力がどうしても必要です。

交渉や契約はいわば外交です。

時には外国人と英語や他の言語で取引・交渉をしなければならないこともありますが、相手の言語がよくわからなくても、外交的な人は身振り手振りでも話し合いをスムーズに進めることができます。

さらに契約は人と人との取引なので、取引先にどうしても気に入ってもらう必要があります。

もしくは信頼できる取引相手だと認識されなければなりません。

そのためには売り手と買い手双方のしっかりと話を聞き、しかも前向きな提案をしていく必要があるのです。

時には相手の要望を聞き入れられない、という状況も生じるかもしれません。

それでも相手を怒らせることなく、スムーズに交渉を進めていくことが必要になります。

コミュニケーション能力はサラリーマン全般に必要な能力とされますが、契約をとるための交渉が仕事の大部分である商社マンにとっては特に必要なスキルであると言えるでしょう。

 

世の中の時事問題に敏感

あまり商社マンとは関係ないように思えるかもしれませんが、時事問題に通じているということも商社マンにはとても重要なスキルの一つです。

商社マンは日本国内だけでなく、世界中を飛び回って交渉を行います

そのため、取引先の国はもちろん、周辺国の事情まで知っていなければなりませんし、貿易に直接・間接問わず関わってくる世界の政治や経済の動きについていって、それに合わせた取引・交渉を行うことも求められます。

そうでなければ取引相手に足元を見られてしまったり、信頼できないと判断されてしまったりするかもしれません。

こうした点を考慮すると、世界のニュースや出来事に興味を持てる人の方が、現地の情況や取引する品に通じやすくなり、臨機応変に取引を行えることが分かります。

さらに海外での取引の場合、契約のことだけを考えている人よりも、現地の文化や習慣などに興味を持ってそれを取り入れる人の方が、相手に受け入れられやすいものです。

どんな相手でも気に入ってもらえる社交性や好奇心のある人の方が、商社マンに向いています。

もし優秀な商社マンを見分けたければ自分も新聞を読むことはもちろん、インターネットで最新の政治・経済のニュースを閲覧するようにしておきましょう。時事問題に通じるようになると、一つ一つの情報がどのように繋がっていくのかが分かるようになります。

 

外国語を身につけている人

特に海外で交渉をする商社マンであれば、外国語を身につけていることも大切なスキルです。

一般的に英語ができれば商社マンとして成功できる可能性が広がるとされています。

TOEIC800点台などの成績であれば、ビジネス面でも通用すると考えられて、就職の時に優遇されるかもしれません。

加えて現在では中国語やタイ語、スペイン語ができる商社マンを求めている会社も多く見られます。

外国語ができることが商社マンとしての必須スキルになりつつあると言えるでしょう。

ただし外国語はある程度できて専門用語が分かれば通用することもあり、コミュニケーション能力などのようなスキルに比べると優先順位が低くなります

 

心身ともにタフな人

商社マンは連日のように非常に多くの仕事をこなさなければならず、生産者やメーカーとの板挟みでストレスを抱える職業でもあります。

商社マンは激務中の激務と言われ、国内・海外を問わず出張の多さや事務作業の多さで有名です。

途中でへばらないために体力が必要ですし、精神的にもタフな人でないと体がもたないことでしょう。

残業や飲み会なども多いため、心身ともにタフな人でないと、病気になってしまうかもしれません。体育会系の部活動をやっていた人などが優遇されることもあります。

 

商社マンになるのは簡単ではない

こうして商社マンになるための段階・スキルを見ていくと、商社マンになること自体がかなり大変であることが分かります。

商社に就職するために大学を卒業しなければなりませんし、自分が持っている能力を磨く必要もあります。

また、就職できた後も常に努力をしていかなければ続けていくことは難しいでしょう。

商社マンは人気の職業であり高年収でもある分、求められるスキルも高いものになるのです。

 

商社マンはなってからのほうが大変

商社マンになるのは難しいとはいえ、本当に大変なのは商社マンになった後です。

商社マンになったなら、会社のために世界中を駆け回って交渉し、契約を取ってこなければなりません。

一日中仕事に追われ、多くのやりがいのある業務を精力的にこなしていくことが求められるでしょう。逆に忙しすぎて辞めてしまう人もいますが、何年か続けられるようでしたら大丈夫です。

商社マンになってからも世界のニュースや取り扱っている商品などの勉強は続けなければなりませんし、外国語の習得を求められる場合もあります。

とくに交渉力はこれで十分と言えるものではないため、常に研鑚しなければいけません。

商社マンは一般的なサラリーマンよりも求められるスキルが高く、やりがいのある仕事なのです。

 

商社マンへ転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれから商社マンへ転職したい場合は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

商社マンを募集している企業は多く、ほぼ毎日、どこかしらの商社が人材を募集しています。

なかでも商社マンとして転職するための求人探しは大手のリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイト最大手のリクルートエージェントでは様々な求人情報を網羅しているため、商社マンの求人を多く取り扱っています。転職して商社マンになりたい人向けの求人が多いといっても過言ではありません。

商社マンへの転職を考えたい場合は、まずリクルートエージェントへ登録して、どんな求人があるのか面談時に確認してみるようおすすめします。

商社マンの求人が見つかる転職エージェントはこちら

 

あなたにおすすめの記事

]

商社マンの年収や給料はどれくらい?商社マンと結婚したい女性は必見!

商社マンは年収が高い、というイメージを何となく持っている方は多いでしょう。 しかし、実際に商社マンと結婚した方でなければ、その実態は分からないものです。 商社マンと結婚したいと思っている方であれば、本 ...

商社マンの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

商社マンと結婚したいという方であれば、商社マンがどのような仕事をしているのかを把握しておく必要があります。 もし商社マンと結婚することができたなら、今度は商社マンである配偶者を陰ながら支えなくてはなら ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-商社マン

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.