エンジニア

エンジニアの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

もしこれからエンジニアの方と結婚したいと願っているのであれば、エンジニアがどんな職業であり、どのような仕事をしているのか、という点については知っておかなければならないでしょう。

交際している時にも相手の仕事について知っておくことで話題が広がりますし、結婚した後であればなおさら配偶者の仕事に理解を示し、支えていかなければなりません。

エンジニアの仕事はシステム系や機械系など、どのような分野で働いているかによって大きく異なります。

どのような分野のエンジニアがどんな仕事をしているのかを知らないという方のために、エンジニアの従事する仕事について考えましょう。

 

エンジニアの仕事内容を簡単に説明すると...

エンジニアとは、一般的には様々な分野で活躍していく技術者全般を指します。

工学の分野で活躍しているエンジニアがとくに多く見られるのですが、物理や数学にも通じていなければならないので、誰にでもなれる仕事というわけではありません。

多くの場合で、エンジニアは理系の学校を卒業していて、資格を取得したのちに就職して技術を身につけています

私たちの周りにある電子機器、特にスマートフォンなどは、エンジニアたちが開発してくれたものです。

パソコンのセキュリティやメールのサーバー、食品生産の機械、自動車部品など、生活に欠かせない様々な機械もエンジニアの働きの成果と言えます。

エンジニアというと私たちの普段の生活とは縁遠いように思えるかもしれませんが、このように密接に関係しているのです。

エンジニアとして働くためには、自分の専門分野だけを勉強すれば良いというわけではなく、関連する幅広い知識を身に着けていかなければなりません。

そのため、実際に働き始めてからも学ぶことが多く、会社から支援を受けて更なる資格取得を求められることもあります

高度かつ専門的な知識と技術を使って、生活を豊かにする機械・システムを作るのが、エンジニアの仕事と言えるでしょう。

 

エンジニアにも種類があり、仕事内容は様々

エンジニアの仕事と一口に言っても、いろいろな種類があります。

というのは、エンジニアという仕事があくまで総称であり、その中にはいろいろな分野に分かれているからです。ちなみにIT系のエンジニアは多くの企業に求められています。

エンジニアの仕事としてはシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア、機械系、電気系、自動車系などのエンジニアが様々な仕事をしています

ではそれぞれの仕事内容を見てみましょう。

 

システムエンジニアの仕事内容

今人気の職業の筆頭と言われるのがシステムエンジニアです。

SEという略称でも呼ばれますが、簡単に言うとコンピュータシステムの設計をする技術者です。

ソフトウェアの開発をはじめ、さまざまなプログラムの作成を行わなければなりません。

顧客や企業があるシステムを作ってほしいと思ったとします。
例えば顧客データの管理や商品の在庫管理のためのシステムであれば、どんなシステムにしたいか、どのような目的で作ってほしいのかを聞き取り、適合するものが出来上がるよう、基本的なシステムの設計を行うのがシステムエンジニアの仕事となります。

その後の細かい点は別のプログラマーがプログラムを組んでいくことになりますが、一からシステムを開発していくのはシステムエンジニアなので、プロジェクトの根幹を担うとても重要な仕事なのです。

 

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、プログラムの開発だけではなく、コンピューターネットワークの構築、保守点検も行なっていき、ネットワーク全体を管理する技術者です。

ネットワークを設計し、構築するための専門的な技術や知識が必要となります。

またソフトウェアのセットアップも行なわなければいけません。

ネットワークに障害が発生した場合には、その修正や原因の究明、再発防止のための改善なども業務になるでしょう。

その後でクライアントから別の要望が出てくれば、その要望に合わせてプログラムを変更するなど運用も行わなければなりません。

とはいえ、これらの作業をすべて一人で行うわけではありません。

他のエンジニアと相互にコミュニケーションをとり、協力しながら行う必要があります。

 

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、ITインフラを整備するエンジニアのことです。

ネットワークシステムの中のサーバー管理を行ない、サーバーの構築のみならず運用、改善なども担当していきます。

ITインフラとは、わたしたちが24時間いつでもインターネットを使っていくためにとても重要な基盤です。

たとえば、ネットワークのサーバーなどのハードウェア、パソコンのOSなどのソフトウェアがあります。このどちらにもインフラエンジニアは関わっているのです。

顧客がどんなITインフラを望んでいるのかを聞き取り、その後のITインフラの設計、運用、保守、監視までを行います。

安心してインターネット上での取引や業務を行うために、必要な技術者がインフラエンジニアと言えるでしょう。

 

機械系エンジニアの仕事内容

機械系エンジニアとは、基本的に工場用などの様々な機械の開発を行なっていく技術者のことです。

食品などを大量生産するためには、食材の加工から生産するまでの機械が必要ですし、精密機械を大量に作るためにも機械が必要になります。

さらに機械の制御を行なうための設備も作らなければいけません。

機械系エンジニアは、顧客からどのような目的で機械を作りたいのか、どのような使用にすべきなのか、どのような性能が欲しいのかを聞き取って、その顧客の願いを反映した機械の提案をして、開発・運用・管理などを行います

 

電気系エンジニアの仕事内容

電気系エンジニアは、主に電子部品を使った電気製品のための技術者です。

半導体などをはじめ、電子レンジ、冷蔵庫、テレビなどの新商品の開発を行います。

顧客のニーズをいち早く読み取り、それに合った電気製品の開発が求められるでしょう。

電気主任技術者などの資格を持っていると就職に有利になる可能性があります。

 

自動車エンジニアの仕事内容

自動車エンジニアはその名の通り新しい自動車を開発するエンジニアのことです。

日本のガソリン車はすでに世界に誇れるクオリティを持っていますが、現在ではハイブリッド車、また電気自動車を開発する技術者がさらに求められています

担当によって業務内容が異なり、車の本体を開発するエンジニアもいれば、衝突実験をするエンジニア、走行実験に集中している技術者などさまざまです。

自動車は、多くの自動車エンジニアが導き出した実験結果などによって生まれるのです。

 

エンジニアの仕事はなくなる?

エンジニアの仕事はこれから先もなくなるということは無いと考えられています。

特にインターネットがこれほど発達し、企業間の取引などもインターネットで行われている現在、ソフトウェアやネットワークの設計開発をしているシステムエンジニアやネットワークエンジニアは、これからも需要がさらに増えていくことでしょう。

機械系・電気系・自動車系のエンジニアの場合も、これから需要がまったくなくなるということは考えにくいことです。

確かに近年のロボットや人工知能の進化は目覚ましいものがあります。

しかし、ロボット等にある程度の業務ができるようになったとしても、細かい部分の改善・修正は人の手で行なうことになるため、技術者はこれからも必要とされるのです。

それを証明するかのように製造業などにおいては人材不足が深刻になりつつあります。実際にエンジニアの方が多くの企業で求められていますし、これからもエンジニア需要は続いていくと思われるでしょう。

外国人労働者を雇うことを検討する企業も少なくありません。これからも多くの分野においてエンジニアの需要は高まっていくばかりなのです。

どんな分野のエンジニアであったとしても、将来性が見込める仕事に就いていると言えるでしょう。

 

仕事は大変だがやりがいを持ってやっている人が多い

どの分野で働いていたとしても、エンジニアの仕事は簡単なものではありません。

顧客の要望と実際の仕様の擦り合わせは複数回に及ぶことがあり、プロジェクトの進行状況によっては会社にずっと詰めていなければならない、ということも見られます。

時期によってはかなりの時間を仕事に費やさなければならないことになるでしょう。

また仕事内容が性格的に合わず、就職したもののすぐにやめてしまう人も珍しくありません。

しかしプロジェクトが成功し、開発した製品が世の中で役立っていく時の喜びが大きいので、多くのエンジニアはやりがいや誇りをもって仕事に当たっているのです。

エンジニアと結婚した場合には、やりがいをもって一生懸命仕事をする配偶者を、家庭面から支えていけるようになると良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-エンジニア

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.