デザイナー

デザイナーの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

デザイナーとの結婚を意識して婚活している人はいませんか?ところでそのような人に質問ですが「デザイナーとはどのような仕事?」といわれて、明確に答えられますか?

なんとなく知っていても具体的には答えられない人も多いかもしれません。

そこで今回はデザイナーが具体的にどのような仕事内容で働いている人たちなのかについてみていきます。

デザイナーになりたい人やデザイナーに対して興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

デザイナーの仕事内容を簡単に説明すると...

デザイナーの仕事内容ですが、ざっくりいうと「デザインをする人」になります。では今度「デザインとは?」という疑問が残ります。

デザインとは、物事や特定の機能を指せるための企画・設計・構築する工程となります。

デザインといわれるとその人が自由に創作するクリエイティブ・アーティスティックな仕事をイメージするかもしれません。しかし実際には、クライアントの要望に応えて具現化する仕事になると思ってください。

世間の需要がないと、お金を出してくれる人はいませんので、自由に書いてお金が発生する人は稀です。

状況によっては書きたくないデザインを書かないといけないこともあります。

 

デザイナーの仕事内容は種類によって様々

「デザイナー」という言葉でひとくくりにしてしまうことが多いのですが、実際にはデザイナーの中にさらにいくつかのジャンルがあります。

ファッションデザイナーもあれば、グラフィックデザイナーもあって、それぞれデザインを取り扱っていても仕事内容は異なります。

そこでここではデザイナーの仕事内容を種類別に見ていきます。ファッションデザイナー・グラフィックデザイナー・Webデザイナー・ゲームデザイナー・インテリアデザイナーといった主要な業種に関する仕事内容を以下で詳しく紹介します

 

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーはその名の通り、服飾や靴などの普段私たちが身につけるものをデザインするのが主な仕事内容です。

ファッションデザイナーといわれるとその人のセンスで自由にデザインする印象があるかもしれません。

しかし実際にはその時々のトレンドを意識して、一般受けしそうなデザインはどれかということをベースにして活動する必要があります。このためマーケティングなどの実務的なスキルなども要求されます

 

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックとは、視覚表現のことです。具体的には写真やイラスト、文字、図といった要素が含まれます。

グラフィックデザイナーとは、このような要素を組み合わせることでデザインしていくのが仕事内容です。

様々なメディアで仕事をするチャンスがあります。ざっと見ても新聞・雑誌・書籍・看板・ポスターなどがあります。またパッケージのデザインを担当するのも、このグラフィックデザイナーになります。

 

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインをすることです。皆さん普段インターネットでいろいろなサイトを見ているでしょう。

そこには文字や画像、イラスト、動画などいろいろな要素でレイアウトされているはずです。このデザインを担当するのがWebデザイナーの仕事内容です。

Webデザイナーは、ディレクターのような役割を担うこともあります。コピーライターやマークアップエンジニアなどを部下につけて、彼らの出してきたものを調整するような仕事をするケースもみられます。

Webデザイナーとして必要なのは、そのサイトを作る目的、だれをターゲットにするかを明確にすることです。そしてその条件に見合うサイトを作らないと、多くの人がアクセスしてくれないです。

 

ゲームデザイナーの仕事内容

スマホやオンラインゲームなど、今では様々なゲームがあります。このゲームを作るのがゲームデザイナーの仕事内容です。

ゲームデザイナーはゲームのさまざまな要素についてデザインすることになります。

ゲームの背景、ストーリー、登場人物のキャラクター、アイテムなどを考えます。またゲームデザインでは、CGを駆使することになります。このため、プログラミングスキルやデッサンの基礎を専門学校で学んで就職するのが一般的です。

 

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーは、建物の内装をどうするか設計するのが仕事内容です。

インテリアを部屋の中でどうコーディネートするか、空間をどう構成するかを考えます。ビジュアル的なものだけでなく、音や温度などにもこだわって、クライアントの希望するムードを実現していきます

様々な建物を対象にして、ホテルのほかにもオフィスビル、学校、博物館など様々です。一般の家屋のデザインを要望されることもあります。

 

デザイナーはどのようにキャリアアップしていくの?

デザイナーのキャリアアップですが、まずは上司や先輩が仕事をするにあたってアドバイスや指示を受けてその通りに進めます

しかしある程度キャリアを積むと、上司などのアドバイスなく自分ですべての案件をこなせるようになります。

さらにそこからステップアップして、シニアデザイナーになるでしょう。

シニアデザイナーの仕事内容は、クライアントと直接話をしていって提案をすることです。相手が何を求めているのか、本質的な部分を理解して部下に的確にアウトプットするためには、高いスキルやデザインセンスが求められます。

そのほかにはディレクターとしてキャリアアップする方法もあります。ディレクターは、デザイナーやエンジニアを部下において彼らにいろいろと指示を出すポジションです。ディレクターになるためには関連するあらゆる知識を持っていなければなりません。例えばWebディレクターの場合、サーバーやHTML、コーディング、アクセス解析、SEOなど多方面の知識を身に着けていないとさまざまな指示ができません。

最終的なキャリアプランとして、プロジェクトマネージャーがあるでしょう。プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの計画から実行に至るまで総合的な責任を持つポジションです。文字通りそのプロジェクトのトップ・司令塔としていろいろな指導を行う仕事になります。プロジェクトマネージャーになるためには、トータルスペックの高さが求められます。経営管理能力のほかにも、プロジェクトチームの意見をまとめ上げ、指針を提示する能力が求められます。

このようにキャリアアップするにしたがって、自分が担当していた専門領域だけでなく、広く知識やスキルが求められていきます

 

フリーのデザイナーは仕事がないって本当?

デザイナーの中にはある程度のキャリアを積み重ねてくると、独立開業する方もみられます。独立開業した場合、いきなりコンスタントに仕事が入ってくるとは限りません。

このためなかなか仕事にありつけず、事務所や会社勤めしていたころと比較すると収入が減る可能性はあります。もしフリーランスとして活動するのであれば、最初の段階ではあまり収入は得られないと思った方がいいでしょう。

フリーランスになったら、自分で仕事を取ってこなければなりません。ですから専門のスキルだけでなく、営業能力なども求められます。フリーランスが仕事を得るためには、それまでの人脈を生かすのがおすすめです。

それまで一緒に仕事をしてきたクライアントなどと付き合いがあれば、そこから仕事の発注の発生する可能性があります。もし前に仕事を一緒に行った人がいれば、フリーになるときにそれとなく伝えておきましょう。もし仕事が発生したのであれば、声をかけてくれるかもしれません。

フリーランスを将来検討しているのであれば、今の仕事相手を大切にすることが大事です。いかに人脈を構築できるか、これが将来の仕事につながっていくはずです。

そのほかにはポートフォリオを使って売り込みをかける方法もあります。例えば今まで作ったデザインやイラストはまとめて保管しておいて、それでポートフォリオを作っておきましょう。

新規でクライアントから仕事を受注する場合には、相手はどのような作品を作るのか知らないと発注の使用がありません。

自前のホームページを作って、そこにポートフォリオを掲載するのもおすすめです。ウェブサイトに公開すれば、より多くの人の目に触れますからビジネスチャンスも増えるはずです。

 

仕事は辛いことも多いがやりがいはある

デザイナーは一般的に、自分の好き勝手にデザインできるわけではないです。

クライアントがいて、その要望通りにデザインをする必要があります。クライアントの中には、むちゃな要求を出してくることもあるでしょう。納品しても相手のイメージに合わなくて、やり直しということもあり得ます。このような困難が仕事をしている中でいろいろと出てくるでしょう。しかしこの困難を乗り越えて晴れて納品できた時の達成感は何事にも代えがたいというデザイナーは多いです。

またデザイナーの場合、自分の作品に対する評価がダイレクトに反映されます。クライアントや上司から褒められることもあるでしょうし、デザイン関係の賞を受賞することもあるでしょう。このように自分の作品が評価される喜びにやりがいを感じているデザイナーも少なくありません。何らかの賞を受賞すれば、それがマスコミで取り上げられる可能性も高く、より多くの人に自分の作品を見てもらえるのもこの上なくうれしく感じられるはずです。

 

あなたにおすすめの記事

デザイナーの年収や給料はどれくらい?デザイナーと結婚したい人は必見!

婚活を行っている人・興味のある人は、結婚相手がどの程度の収入を得ているか気になるところでしょう。そこでここではデザイナーの年収について詳しく見ていきます。 デザイナーとの結婚を希望している・検討してい ...

デザイナーになるにはどうすればいいの?デザイナーになる方法をまとめてみた

デザイナーという職業はなんとなくわかるけれども、彼らはどうやってなったのか気になる人はいませんか? 確かに他の職業と比較して、デザイナーになるにはどうすればいいのか一般にはよく見えてこないところがあり ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-デザイナー

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.