先生(教員)

先生と結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

更新日:

婚活をしている人の中には、相手の職業に具体的な希望を持っている方もいるでしょう。

その中で、先生と結婚したいと思っている人はいませんか?先生と結婚すると生活が安定するのではないかと思っていませんか?

しかし先生との結婚を希望する方でも、詳しい生活に関するシミュレーションはまだ行っていないという方もいるでしょう。

そこでここでは先生と結婚した場合、どんなメリットがあってどのようなところにデメリットがあるのか紹介します。

どんな結婚生活になるのか、より具体的にイメージしながら婚活ができるようになるでしょう。

先生(教員)と結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

先生(教員)と結婚するとどんな生活になるの?

先生との結婚を考えているのであれば、相手によって生活は少し違ってくることを理解しておきましょう。

特に部活の顧問や担当をしていると、結構日々の生活はハードになるかもしれません。運動部の顧問教諭となった場合、朝練といって授業が始まる前から練習に付き合うこともあるでしょう。そうなれば、朝早く起きて学校に出かけないといけません。しかも部活は放課後も行いますから、帰宅するのは夜遅くということもあり得ます。週末は週末で、試合などで遠征することもあるでしょうから家を空けることもあり得ます。

夏休みなどの長期休暇も部活の顧問教諭をしていると、なかなか休めないかもしれません。遠征もあるでしょうし、泊まり込みで合宿を行うこともあり得ます。夏休みについては、進学校の先生もなかなか休めないかもしれません。夏期講習などの集中講義を行っている学校もあるからです。先生というと朝出勤して、夜には定時に帰宅し、夏休みや冬休みなどまとまった休暇も取れると思っている人もいるかもしれません。しかし実際のところ、上で紹介したように結構ハードに仕事をしている人が多いです。

 

先生(教員)と結婚するメリットとデメリットは?

先生と結婚するにあたって、メリットもデメリットも両方あります。両者を比較して、先生との結婚をどうするか検討したほうがいいでしょう。

以下では先生と結婚するにあたって考えられるメリットとデメリット、主な3つのポイントについて紹介します。先生との結婚を考えている人は、以下のポイントをしっかり押さえておいた方がいいでしょう。

 

先生(教員)と結婚すると嬉しい3つのメリット

まずは先生と結婚することによって期待されるメリットを3つ紹介します。

  • 公務員で安定した収入
  • 育児に協力的
  • 県をまたぐような転勤がない

なかでも比較的安定した生活が送れるのは大きなメリットといえます。

また地元で暮らし続けたい人にとって公務員との結婚は向いていると言えるでしょう。

 

公務員で安定した収入

先生というのは扱い的には公務員となります。国や地方の職員として仕事をしていますから、まず職を失うことがありません。先生個人がよほどの問題行動でもとらない限り、その身分は保証されます。会社勤めをしているサラリーマンの場合、もし勤め先が倒産したり、リストラにあったりすれば、失業してしまいます。うまく次の職場を見つけられればいいですが、浪人生活が続くと収入がしばらく途絶えてしまって、生活も厳しくなります。

先生と結婚すれば、このような倒産やリストラの脅威におびえる必要はまずないでしょう。ずっと安定した収入を得られますので、結婚生活で少なくても経済面において不安を抱く必要はないです。結婚相手に経済力を求める人も多いですが、そのような人にとって満足度の高い結婚生活が期待できます。

 

育児に協力的

結婚生活がうまくいかない理由はいろいろとありますが、近年増えているのが「旦那さんが育児に協力的ではない」というものでしょう。仕事を理由にして家庭を一切かんがみない、奥さんにその負担がすべて行ってしまって不満を募らせるパターンは少なくありません。

特に最近女性も仕事をつづけ、夫婦共働きの世帯も多くなっています。そうなると男性も家事や育児をある程度負担しなければならなくなるでしょう。先生との結婚のメリットは、特に育児に対して積極的にかかわってくれる人が多いことです。

先生は子供と日々かかわっていく仕事です。このため、程度の差はあるかもしれませんが先生はもともと子供好きな方がほとんどです。ですから育児に対してもあまり抵抗なくかかわっていけます。子供が成長していけば、勉強の面倒を見せる必要もあるでしょう。これは教師にとってはもともとの自分の仕事の領域です。本業を生かしていろいろと教えてくれます。

 

県をまたぐような転勤がない

会社員の中でも商社マンや営業の仕事をしていると、数年に1回くらいのペースで転勤を命じられる可能性が高いです。近場の転勤であればいいのですが、全く異なる地方への配属も十分考えられます。

商社マンや大手企業に勤務しているパートナーだと、海外転勤を命じられることもあり得ます。そうなると相手についていくのであれば、引越しの負担も大きくなります。

自分が仕事をしている場合そこをやめないといけないでしょうし、子供がいれば転校を何度か繰り返さないといけなくなるかもしれません。単身赴任する場合、なかなか相手と会うチャンスもなくなります。

先生のいいところは、転勤があまり遠くない点です。

まったくないわけではないですが、あっても同じ都道府県内での転勤です。もし県外に転勤するのなら、その異動先の都道府県の教員採用試験を受けて合格する必要があるからです。ですから今の住居を離れる可能性が低いですし、引っ越すことになってもそれほど遠距離移動ではなく、頻度もさほど多くないです。ただし遠距離恋愛をしている場合、新居は先生の住んでいるところになるでしょう。あなたの方が引っ越して相手のいる方に向かう方が無難です。

 

先生(教員)と結婚すると苦労する3つのデメリット

  • 最近は離職率も高い
  • 子どもの学校のイベントには来れない
  • 帰りが遅く、休みは少ない

教師と結婚すると上で紹介したようなメリットが期待できます。しかし先生と結婚することで生じうる、ならではのデメリットもありますから注意しなければなりません。

その中でも特に注意してほしい3つのデメリットについて、以下で詳しく見ていきます。

 

最近は離職率も高い

先生というと人格者で人間性は問題ない、しかも公務員(教諭)で将来にわたって安定した収入が期待できるということで結婚生活もうまくいくだろうと思っている人もいるでしょう。

しかし職種別の離婚率を見てみると、教師の離職率はかなり高いといわれています。

つまり先生と結婚できても、数年経過すれば離職してしまうリスクもそれなりに高いわけです。決して先生と結婚できたからといって、安心・油断すべきではないです。支えてあげられるとうまくいきやすいでしょう。

 

子どもの学校のイベントには来れない

結婚して子供ができれば、イベントに親御さんが参加する機会も増えます。

子供が学校に入学すれば、運動会や文化祭、授業参観などがあります。しかしこのようなイベントは平日の日中に行われることがほとんどです。

学校勤務している先生が、自分の子供の学校のイベントに参加するのはかなり難しいです。子供としてみれば、「いつも来てくれない…」という風にがっかりするでしょう。

先生としてみても、自分の子供のためにクラスの生徒をほったらかしにするわけにもいきません。生徒の親御さんからクレームの入る可能性もあります。子供にいつもイベントに参加できない理由を、パートナーであるあなたが説明して理解させないといけないでしょう。

 

帰りが遅く、休みは少ない

冒頭に紹介したように、先生は意外と日々多忙です。部活の顧問をしている場合、夜遅くまで練習などに付き合わないといけません

また先生は学校で授業を教えるだけでなく、事務作業も担当します。期末や中間テスト前には試験問題を作成する義務もあります。このようなこともあって、なかなか休みの取れない激務であることを理解しないといけません。ですから教師は結婚すると、家庭をなかなか鑑みなくなってしまう人も多いです。夫婦の時間を十分持てなくなるかもしれません。

インターネットには教師と結婚した人の体験談が書かれています。この多忙による夫婦すれ違いについて紹介している投稿もしばしばみられます。

もし夫婦共働きで両者とも多忙な場合、夫婦で何日も会話をしないことも普通になるという意見も紹介されていました。夫婦の時間も大切にしたいと思っていると、先生との結婚生活に不満を募らせる可能性も高いです。すれ違いも仕方のないことと割り切って結婚したほうがいいでしょう。

 

結婚願望のある先生(教員)と出会う方法

先生の結婚を見てみると、職場結婚のケースが結構多いです。

これを見てもわかるように、教師は比較的近場で相手を見つけるケースが多いです。これは上で見たように先生は多忙でなかなか外に出ていくチャンスのないことも関係しているでしょう。部活や事務作業などもあって、学校から退社できるのは夜遅くというケースも少なくありません。部活の顧問をしていると週末も試合などがあって休日返上することもあるでしょう。夏休みや冬休みなどの長期休暇も部活や講習などで、どうしても休みが取れないです。このような事情があって、なかなか外に出会いがないです。

会社勤めをしていると、例えば取引先で何か出会いがあるというパターンもあるかもしれません。しかし学校の場合、そのようなビジネスをする職業ではないです。このため子供とは多く触れ合えるのですが、大人の方と交流するチャンスにはあまり恵まれていません。このため、職場結婚を選択する先生もいるわけです。

ただ先生は幅広い年代の方が働いているため、職場で同年代の異性がいるのは大きい学校ぐらいでしょう。
小さい学校だとそもそも同程度の年齢の異性がいないため職場結婚もできず、外で出会いを探しています。

 

先生(教員)は出会いが少ないため婚活で見つけられる

ただし先生の中でも結婚願望の強い人であれば、婚活サイトに登録するなど自分からいろいろと努力している人も少なからずみられます。

もし先生との結婚を検討しているのであれば、婚活サイトに登録したり、婚活パーティなどに参加したりするなど積極的にアクションを起こしてみるといいでしょう。

先生はなかなか異性との出会いのチャンスを日常生活で見つけるのは難しいです。

かといって先生が合コンするのもなかなか抵抗があるでしょう。そこでより真剣な出会いを求められる婚活サービスを利用していることも多いです。

婚活サイトに登録する際には、どのような会員がいるかホームページ上などで紹介しています。その中で教師がどのくらい登録しているかチェックして、先生の会員が多ければ、そこに登録してみるのが有効な方法です。

特にゼクシィ縁結びは婚活に特化した婚活サイトであり、先生(教員)も利用しています。無料会員でも異性の顔写真とプロフィールをチェックできますので、まずはどんな先生(教員)がいるのか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

あなたにおすすめの記事

先生の年収や給料はどれくらい?先生と結婚したい女性は必見!

婚活をしている女性の中には、結婚相手の職業について絞り込んでいる方もいるでしょう。 その中で先生との結婚を求めて婚活をしている人はいませんか? 先生(教諭)は安定した職業で、将来にわたって生活面で困る ...

先生(教員)の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

先生と結婚したいと思って婚活していませんか? 先生(教諭)の仕事内容と聞かれると、「子供たちに授業を教える」と答える人も多いはずです。 確かにそれがメインですが、先生(教諭)の仕事内容はそのほかにもい ...

この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-先生(教員)

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.