先生(教員)

先生(教員)の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

先生と結婚したいと思って婚活していませんか?

先生(教諭)の仕事内容と聞かれると、「子供たちに授業を教える」と答える人も多いはずです。

確かにそれがメインですが、先生(教諭)の仕事内容はそのほかにもいろいろとあります。

先生の仕事は思っているよりもハードといわれていますので、心おきなく業務に集中するためにはパートナーのフォローが不可欠です。

先生との結婚生活がうまくいくように、ここでは先生の仕事内容について全般的に見ていきます。

 

先生(教諭)の仕事内容は激務?

学校の先生というと夕方ごろまでには授業も終わって早めに帰宅できる、何か月も夏休みや冬休み、春休みもあるし楽ではないか、このようにイメージする人もいるでしょう。

しかし教師の仕事内容を見てみると、ほかの業種に負けず劣らずの激務になることが多いです。

特に近年は肉体面というよりも精神面での疲労が多くなっているといわれています。メディアでもしばしば取り上げられていますが、学校を取り巻く問題はどんどん変化しています。

その結果、先生の対応すべき問題・課題は多様化・複雑化してきているといいます。

先生の中にはノイローゼになって、長期休職しなければならなくなることもあるほどです。決して楽な仕事ではないということを、パートナーも理解しておかないといけません。

 

先生(教諭)の仕事内容は主に3つ

先生の仕事内容といわれると、「授業など子供の監督・指導」をイメージする人も多いでしょう。確かにそれがメインではありますが、そのほかにも日々こなさないといけない業務がいろいろとあります。

  • 子どもへの指導
  • 保護者への対応
  • 地域とのかかわり

そこでここでは先生の主な仕事内容の3つの項目について、以下で詳しく見ていきます。決して子供の面倒だけを見ていればいいわけではないことがお分かりになるでしょう。

 

子どもへの指導

先生の仕事内容のメインとなるのが、子供への指導です。授業を運営して、子供たちに勉強を教えていきます。

小学校の場合、基本一人の教師がすべての教科を教えていきます。

中学以降に関しては、それぞれの教科を受け持って指導していく形になります。中学や高校の先生の中には、学級担任にならない教師もいます。

しかし小学校教師の場合、学級担任を任されることが多いです。担任の先生になると学級運営も仕事内容の一つです。

自分の受け持っているクラスの子供たちが順調に成長していけるような環境づくりをする必要があります。子供が成長するためには、彼らが主体的に物事を決めていく必要がありますが、まだ人生経験が十分でないため必要に応じてサポートします。

また宿題など提出物もあるでしょうから、その管理も担当します。連絡帳による学級連絡などのマネジメントも担当することになります

 

保護者への対応

先生は子供たちだけとかかわっていけばいいというものではないです。

子供にはそれぞれ親御さんなどの保護者がいます。この保護者からいろいろな問い合わせが来るかもしれないので、その対応をするのも先生の仕事内容に含まれます

いじめなどによって不登校になった生徒がいれば、保護者の方と連絡を取り合って、学校に来てもらうにはどうすればいいか、意見の調整を行います。

保護者から学校運営に関して何かクレームが入ることもあるでしょう。その場合の対応も学校の先生が請け負います。

子供のころ先生が自宅にやってくる家庭訪問の経験がありませんか?

これは今の先生の仕事内容の一つでもあります。家庭訪問で学校での子供の様子や今後の課題などについて、保護者と話し合います。家庭訪問をする場合、子供たちの住所を確認し、どう回っていくかのスケジュール調整も自ら行います。

また保護者の方の希望もあるでしょうから、それも踏まえて調整をしなければなりません。進学を控えた子供の場合、二者面談や三者面談を行って今後の進路をどうするか話し合うのも先生の業務です。

 

地域とのかかわり

子供を育てるにあたって、家庭や学校が重要な役割を担っています。

しかし家庭や学校だけで子供の育成をしているかというとそれも違うでしょう。学校の周辺を含めた地域全体で子供たちを育てていくのが一般的です。

そこで先生は地域とかかわっていかなければなりません。例えば社会科見学などの校外学習を授業の中に組み入れることもあるでしょう。見学を行う場合、どこに子供たちを連れていくのか、前もって予約などの必要な手続きをするのも先生の仕事です。このように学校では教えられないことを勉強するため、地域と子供たちの橋渡しの役割も担っています。

また近年シングルマザーや夫婦共働きの世帯も増えています。そうなると、放課後子供は自宅に戻っても独りぼっちということもあるでしょう。

そこでこのような両親が帰宅してもいない子供たちのために、学童保育を用意している地域もあります。学童保育に一時的に子供を預ける場合でも、学校との連携が必要です。そこで学校側の担当をするのは先生ということになります。

 

最近は子どもより保護者への対応がメインな学校も…

これから教師になる人の中には、楽しみな反面不安を抱えている方も多いです。

少し前までは「子供たちをうまく指導できるか?」という部分に不安を抱く人が多かったです。ところが近年「保護者とうまくやっていけるか?」というところに不安を感じる教師が増えています。実は現在先生の仕事内容の中でも保護者対応のウエイトがどんどん増えてきています。それが結局先生の総合的な仕事量を増やす形になってしまって、激務になる傾向もみられます。

メディアを見てみると、しばしば「モンスターペアレント」問題について特集で取り上げられます。わが子かわいさのあまり、学校に理不尽なクレームをつける保護者のことです。

モンスターペアレント対応に神経をすり減らしてしまって、ノイローゼになってしまい、離職する教師もいます

また教師が訴訟リスクに備えるために、教職員賠償責任保険があります。2007年のデータによると、東京の公立校職員約5万9000人中2万1800人がこの保険に加入しているといいます。

半分近くの先生が加入している計算になり、それだけ親からクレームがあった時を不安視していることがうかがえます。

ただ世間ではモンスターペアレントばかりではありません。メディアで取り上げられたことによりモンスターペアレントが多いように感じるかもしれませんが、ほんの一部です。

受け持つクラスによってはモンスターペアレントがいないことも珍しくありませんし、理解のある保護者も多くなっています。

 

先生(教諭)の1日の仕事内容

先生の仕事内容について、1日の時系列で追ってみます。

だいたい7時半ごろに出勤して、部活動の顧問をしている場合朝練に参加します。
その後8:15ごろから朝礼が行われ、職員間の報告・打ち合わせが行われます。
8時半になるとクラスごとにホームルームがありますので出欠の確認、欠席している生徒がいれば保護者に電話連絡で確認をします。
そして午前中の授業を担当します。授業のないときにはプリント作成などの授業準備、部活動に関する準備、テストの作成や採点などそれ以外の仕事をこなしていきます。
12〜13時ごろには昼食休憩があります。給食の場合、生徒と担任の先生は一緒に取ることが多いです。
15時になるとクラスホームルームを行って、連絡事項の確認と放課後の掃除を行います。日直からの報告や日誌提出がありますから、その対応もします。

それが終わると部活動の顧問をしている場合、クラブの指導を行います。

また補講を実施する場合には、生徒への指導を引き続き担当します。また日によっては、学年・教科会議などが行われることもありますのでそちらに出席することもあります。

このようにさまざまな仕事をこなしながら、1日が終わっていきます。

 

校長や教頭の管理職に就くには試験が必要

先生のキャリアアップで考えられるのは、校長や教頭のような管理職にステップアップする方法です。

ところで校長や教頭になるにはどうすればいいのでしょうか?

校長や教頭になるためには試験があります。これに合格しなければ、校長や教頭を務めることはできません。

試験ですが、小論文が出題されます。テーマに沿った文章を作成するわけです。校長・教頭試験はどの先生でも条件を満たせば受けなければならないわけではないです。

「一生現場にいたい」と思うのであれば、試験を受けなくても構いません。しかし校長や教頭などの管理職に就くと手当も付くでしょうから、収入アップにつながるでしょう。

 

仕事内容は様々だが先生(教諭)になりたい人は多い

先生の仕事内容は以上のとおりです。

子供の指導だけを行っていればいいというわけではなく、保護者や地域との連携を担当しなければなりません。

そのほかにも事務業務などもこなしていかなければならず、思っている以上に激務といえます。しかしそれでも先生になりたいと思う人は少なくありません。やはり自分の指導によって、子供たちが成長していることを実感できると達成感を得られるでしょう。

学校内にはいろいろな問題があります。特に社会的な問題になっているのが、いじめです。クラス内でいじめが発生した場合、取り扱いを誤ると取り返しのつかない状況にもなりえます。

しかし子供たちや同僚とも相談をしながら問題を解決できたときに、教師としてステップアップできたと実感できるでしょう。このようにやりがいもあるので、先生を目指したいと思う人が後を絶たないわけです。

 

あなたにおすすめの記事

先生の年収や給料はどれくらい?先生と結婚したい女性は必見!

婚活をしている女性の中には、結婚相手の職業について絞り込んでいる方もいるでしょう。 その中で先生との結婚を求めて婚活をしている人はいませんか? 先生(教諭)は安定した職業で、将来にわたって生活面で困る ...

先生(教諭)になるにはどうすればいいの?先生(教諭)になる方法をまとめてみた

学校の先生(教諭)になってみたい、このように思っている人もいるでしょう。 先生(教諭)になるためには、教員免許を取得することがまず前提です。 しかし免許を持っていれば就職できるわけではないです。 そこ ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-先生(教員)

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.