OL

OLと結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

更新日:

男性が結婚したいと思う女性の職業で、上位にランクインしているOL(オーエル)。

OLと結婚したら一体どんな生活が待っているのでしょうか?

ここでは、「OLと結婚したらこんな嬉しいことが待っている!」など、OLと結婚した場合のメリットやデメリットなどを紹介しています。OLと出会い人、結婚したい人は必見です。

OLと結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

OLと結婚するとどんな生活になるの?

子供が生まれた場合、育休などを考えるとOL(オーエル)は非常に結婚しやすい相手になります。

たとえば専門職の場合、仕事が忙しくなかなか休むことができないといったことがありますが、OLなら比較的休みを取ることが可能です。

育休や産前産後休暇などが充実している会社も多いので、結婚後も安心して生活できます。

そのため「一般的な結婚生活を送りたい方」にはピッタリといえるでしょう。

しかし、OLとの結婚も良いことばかりではありません。メリットもあればデメリットもあるものです。

 

OLと結婚するメリットとデメリットは?

OL(オーエル)と結婚する最大のメリットは、先ほども述べたように「育休が充実していること」でしょう。普通の生活が送れるので、休みも安定していますし、子供が生まれても子供との時間を大切にすることができます。高給ではありませんが、普通の家庭を築きたい方にはOLとの結婚はメリットになるでしょう。

また、ある程度の常識があるといったメリットを感じる人も多いようです。OLも、言ってしまえば会社員です。サラリーマンとして働いている人にとって、同じ会社員は理解がありますし、社会を経験しているので常識があり安心なのです。

一方でデメリットは、産休後の転職が難しい・保守的な女性が多い・専業主婦希望者が多い、などが挙げられます。産休や育休があるのは有り難いのですが、復職はできても転職は難しいと言われています。

さらに、保守的で安定志向が見られるでしょう。決して悪いことではありませんが、変化を好まない・リスクを避ける・チャレンジ精神が低いといったデメリットになるため、結婚生活がマンネリ化しやすい恐れがあります。

安定を求める人には良いですが、常に楽しい結婚生活や家庭を築きたい方にはデメリットに感じるかもしれません。

 

OLと結婚すると嬉しい3つのメリット

  • 社会を経験しているぶん、会社員への理解がある
  • 定時に退社しやすいので時間を作りやすい
  • 産休・育休が取れる会社なら復職後に育児との両立がしやすい

OL(オーエル)と結婚したときの嬉しいことを3つ挙げると「会社員への理解がある」「残業が少ない」「育児との両立がしやすい」といった点です。

先ほども述べましたが、OLは会社に勤めている女性ですから、サラリーマンと同じ会社員になります。会社員ということは社会経験がありますし、会社員をよく理解しています。「仕事の苦労をきちんと理解してくれそう」というのは、男性にとってはとても有り難く、一緒に生活をしていても安心です。OLを経験したことがない女性よりも断然理解力が高いので、OLと結婚するとメリットになると言われているのでしょう。

そして、残業の少なさです。会社によるため残業がないわけではありませんが、基本的に定時に退職できるところが多いと言われています。

最後に、育児との両立がしやすいことです。育休や産休がある会社なら、復職もしやすいですし育児との両立も安心。出産後もある程度育児が落ち着いたら働きたいと考えている女性の場合、OLなら復職後も育児と仕事を両立しやすいので助かります。

 

社会を経験しているぶん、会社員への理解がある

一番のメリットは、ここではないでしょうか。

女性会社員であるOL(オーエル)は社会を経験しているので、ある程度は会社員への理解があります。OL経験がない女性の場合、到底会社員の苦労は理解できませんし、不満ばかり募るかもしれません。そういった心配がないのは、男性にとっても助かります。

同じ職種というのは、やはり結婚する上でとても重要です。

片方が専門職となると理解するのに時間がかかるかもしれませんが、お互いが会社員ならその手間が省けるのでラクでしょう。

もちろん、だからといってOLと結婚すれば上手くいく!と断言はできませんが、他の職種よりも会社員への理解力が高いのは事実ではないでしょうか。結婚後も相談に乗ってもらえますし、仕事が原因でケンカをしてしまう心配もないので比較的安定した家庭を築くことができます

そもそも、OLとの結婚は生活習慣が同じです。朝出勤し、夜に退勤。残業はあっても、同じような生活リズムなので無理もなく、仕事に対する価値観も似ているのでギャップも少なくて済むかもしれません

 

定時に退社しやすいので時間を作りやすい

ひと口にOL(オーエル)といっても勤務している会社によってさまざまですが、特殊な職種ではないので比較的定時に退職することができます。そのため、片方が早く帰宅し、もう片方がなかなか帰宅しない…といった心配がありません。先にも述べましたが、OLと結婚すれば生活リズムが似ているので、ストレスになりにくいでしょう。同じように時間を作ることができるので、一緒の時間を過ごしやすいといったメリットもあります。片方が専門職だった場合、残業や休日出勤などで時間が合わず、すれ違いになってしまう恐れがあるものです。

 

産休・育休が取れる会社なら復職後に育児との両立がしやすい

子供を考えている人にとっても、OL(オーエル)との結婚はメリットになります。

基本的に、OLは産休や育休が取れる会社が多く、そういった会社なら、復職後も育児と両立しやすくなります

特に子供の生活を重視したい人にとっては、OLとの結婚は助かるでしょう。基本的に、産休や育休が取れる会社は復職後も融通が利きやすいので定時通りに帰ることができますし、万が一子供が病気をしてしまったときでも対応してくれます

OLはそういうケースが多いことから、「結婚したい女性の職種」で上位にランクインしているのでしょう。

 

OLと結婚すると苦労する3つのデメリット

しかしOLとの結婚は良いことばかりではありません。ここからはOLと結婚した場合のデメリットを挙げていきます。

  • 産休・育休後の転職は期待できない
  • 保守的で安定志向の女性が多い
  • 専業主婦希望の女性も多い

先にも述べましたが、産休後の転職が難しい・保守的な女性が多い・専業主婦希望者が多いなどが挙げられます。

他にも個々でデメリットはあるかもしれませんが、多くの人が実感しているデメリットといえばこの3つです。OLとの結婚を考えている人は、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

 

産休・育休後の転職は期待できない

まずは、産休や育休後の転職が期待できないことです。どんなに育休や産休ができる会社でも、休んだ後の転職は失礼になるため、なかなか転職が難しいと言われています。もちろん、絶対転職できないわけではありませんが、ほぼ難しいでしょう。

特に勤務年数が少ない場合、復職後の転職はまずできないと考えていたほうが賢明です。ある程度同じ職場で働いており、周囲から良い評価を得ている場合は違いますが、そうでもない限りは産休・育休後で転職を考えることはできないでしょう。どうしても他の職場で働きたい場合や、OLからパートタイムができる仕事に変えたい場合、出産前に退職するほうが無難と言えます。

転職や退職はタイミングが大事です。タイミングを逃してしまうと転職や退職ができなくなってしまう可能性が高いでしょう。ここは、OLのデメリットかもしれません。

 

保守的で安定志向の女性が多い

OLは、数ある職種のなかでも無難と言えます。無難という言い方は失礼ですが、比較的安定しているため保守的な女性が多いのです。常識があり真面目で会社員の理解があるという点は結婚するうえで大きなメリットがありますが、保守的であるがゆえに安定しか求めていません。実際「誰かが幸せにしてくれる」という思考を持っているOLは少なくないと言います。

このように保守的な女性は、安定しているというメリットはあるものの、結婚生活がマンネリになりやすいといったデメリットがあります。恋人同士ではないのだから保守的で何が悪いと思うかもしれませんが、男性のタイプによってはつまらなく感じてしまう人はいるでしょう。

ですから、保守的でも安定した穏やかな家庭を築きたいと思っている男性にはOLが適していると言えます。常に変化がほしい男性には、OLとの結婚はつまらなく感じてしまう恐れがあるでしょう。

 

専業主婦希望の女性も多い

OLは保守的な女性が多いぶん、専業主婦を希望する人も多いと言われています。

近年は働きに出ている女性が増えているため、OL=専業主婦になりやすいといったイメージは減っていますが、どうしてもそういった女性が多いのがOLです。「奥さんには家にずっといてほしい」と考えている男性なら問題ないのですが、そうでない場合は苦痛に感じるでしょう。

 

結婚願望のあるOLと出会う方法

OL(オーエル)と出会う方法は難しくありません。むしろ手の届きやすい存在といっても良いでしょう。

また仕事一筋かと思いきや、結婚願望があるOLも少なくありません。そんな結婚願望があるOLと出会うには、「合コン」「お見合い」「社会人サークル」などが挙げられます。なかでも多いのが、合コンやお見合いです。職場で出会いを探している女性も少なくありません。職場恋愛が禁止されている会社もありますが、もっとも出会いやすい場ではあるでしょう。

異性の割合が多い会社であれば、大半が出会えるのではないでしょうか。

 

OLは出会いが少ないため婚活で見つけられる

合コンやお見合い、職場以外で出会いたい方は、婚活サイトや結婚相談所がおすすめです。マッチングや担当のスタッフが対応してくれるので確実に結婚を手に入れることができるでしょう。

特に職場に異性が少ない人や、なかなか出会いがないと嘆いているOLの方は、婚活サイトを利用していることが多いです。

最近は安全に利用できる婚活サイトが増えたことから、ネットでの出会いを探すOLは多く、ネット婚も珍しくないものになっています。

特にゼクシィ縁結びは婚活に特化した婚活サイトであり、結婚を強く意識した秘書の女性が多く利用しています。無料会員でも異性の顔写真とプロフィールをチェックできますので、まずはどんな秘書がいるのか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-OL

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.