警察官

警察官と結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

投稿日:2017年10月28日 更新日:

「警察官と結婚したい!」

「警察官と結婚を考えているけど、どんな結婚生活になるの?」

警察官は公務員であり、結婚相手として女性から人気が高い職業です。

警察官との結婚を目指して婚活している女性や警察官との結婚を控えている女性からすると、気になるのが警察官との結婚生活ではないでしょうか?

警察官は公務員であるものの市役所勤めの公務員とは違い、9時17時の規則的な勤務ではなく、特殊な仕事です。

今回は警察官と結婚すると、どのような生活になるのかをメリットとデメリットで分けてまとめてみました。

警察官との出会いを見つけるおすすめの婚活サイトはこちら

 

警察官と結婚するとどんな生活になるの?

警察官と結婚するとどんな生活になるのか。

警察官との結婚にはメリットとデメリットがあるものの、警察官と結婚した女性の評判や口コミを見ていると、それほど苦労している結婚生活を送っている女性はあまり見られません。

警察官は規則に厳格な職業ですので、当たり前な話ではありますが、交通ルールをきっちり守ったり、他県に外出するときでも書類を提出したりなど細かいデメリットは多いです。

ただ公務員ならではの安定した給料や充実した福利厚生があるため、結婚相手としての警察官はメリットの方が大きいでしょう。

つまり警察官と結婚すると細かいところで面倒なことはあるものの、収入面や待遇ではあまり苦労しない結婚生活になると言えます。

 

警察官と結婚するメリットとデメリットは?

警察官との結婚はメリットの方が大きいと言う女性も多いですが、世間では小さなデメリットと言えるものでも、あなたにとっては大きなデメリットかもしれません。

今回は警察官と結婚するメリットとデメリットをそれぞれまとめてみましたので、これから警察官との結婚を考えている女性は参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

警察官と結婚すると嬉しい3つのメリット

公務員なので収入は安定

警察官はキャリア組とノンキャリア組に分かれているものの、どちらも公務員です。

多くの人がイメージする警察官と言えば、現場で事故処理をしたり、交番に勤務したりなどのノンキャリア組の警察官でしょう。

彼らは地方公務員となっていますので、キャリア組と比べると給料は高くないものの、年齢と比例して着実に増えていく給料は大きなメリットです。

また警察官の給料は階級によっても変わりますので、階級が上がれば年収も上がっていきます

昇任試験を受けずにいると、いずれ年収が頭打ちになってしまいますので、定期的に勉強して昇任することで給料を上げる警察官は多いです。

さらによっぽどの不祥事がない限りは仕事がなくなることはありませんので、収入が景気に左右されにくいというのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

充実した福利厚生


photo credit: atacamaki ちょっとあげる via photopin (license)

警察官は給料が高いだけではなく、福利厚生も充実していることで有名なことはご存知でしょうか?

通勤手当休日手当があるのはもちろん、急な呼び出しによる時間外労働の手当残業手当などの給与面の手当も大きいです。

また安い社宅に住んでいても別で住居手当が出たり、扶養手当があったりなど多くの手当がついてきます。

また警察官ならではの「警察共済」と呼ばれる共済組合や「警察職員互助組合」などがあり、ホテルやレジャーランド、日用品が割安で利用/購入することが可能です。

また警察官は健康管理をしっかりしなければいけないせいか、体温計などの体調管理の用品も貰えることがあります。

他にも災害対策の非常食が支給されるなど、警察官の福利厚生はいくら挙げてもキリがないほど多いです。

安定した給料に加えて、数多くの福利厚生ですので、結婚生活後は他の家庭に比べると、少し優遇されたような生活を受けることが出来ると言っても過言ではありません。

 

トラブル対応が迅速

警察官は常にトラブル対応している職業とも言えます。

何か事件が発生し、急な出動要請がかかっても、日頃から冷静に対処しているため、もし家庭で何かトラブルが起きても冷静に対応してくれるでしょう。

日頃からトラブル慣れいている警察官は多いので、頼りがいのある男性が多いです。

急なトラブルが起きると、どうして良いか分からなくなる女性にとっては警察官の夫がかなり頼もしく見えるのではないでしょうか?

 

警察官と結婚すると苦労する3つのデメリット

身辺調査される

警察官との結婚でまずデメリットに上げられるのが身辺調査です。

警察官は交際するとなったら、上司に交際申告書を提出しなければいけません。その際に警察官とお付き合いしているあなたは極秘に身辺調査されています。

集団行動がしっかりできないと仕事にならないのが警察社会です。もし一人でも偏った思想を持つと、集団行動が難しくなり、仕事に影響を及ぼします。

そのため警察官の近い存在になる交際相手や結婚相手が、お相手の警察官としての考え方を悪い方向へ変えてしまわないか警戒しているのです。

身辺調査ではあなたが過去に起こした犯罪歴や宗教・政治団体の所属についてなどを特に力を入れて調査します。

「おまわりさんのお世話になったことがある...」という方は警察官の彼に報告しておいたほうが良いでしょう。

万引きやスピード違反などの逮捕歴や犯罪歴があると間違いなくバレます。だからといって別れさせるとまではいきませんが、警察官の彼の昇進は無くなる可能性が高いです。

また親族に暴力団がいたり、宗教団体に所属していたりするのであれば、警察からのマークはかなり厳しくなるでしょう。上司によってはあまり交際や結婚に対して良い顔をしないかもしれません。

あなた本人がそうでなくても、親族が関わっていれば、警察官との結婚は難しくなります。

しかし「学生の時に夜中歩いていて補導されたことがある」や「煙草吸ってたのがバレて注意された」ぐらいであれば、あまり問題になることはありません。

警察の方で記録として残っているかどうかも定かではありませんし、バレないこともあります。

よっぽど大きなことで警察のお世話になるようなことがなければ、問題なく交際、結婚することが出来ますので、思い当たる節がなければそれほど気にするデメリットではありません。

 

刑事だと家族旅行が難しい

警察官の中でも交番勤務や裏方の仕事であれば、休みもしっかり取れることが多いです。

しかしもしあなたがお付き合いする警察官が刑事であれば、警察官という職業にあなたの休日が振り回されることは間違いありません。

通常の交番勤務の警察官でも緊急な呼び出しはありますが、刑事の場合だと日常茶飯事なレベルです。

事件があるたびに呼び出されてしまいますので、休日出勤が多い警察官と言っても過言ではありません。

そのため休日に家族旅行などを計画しても、仕事に戻ってしまう可能性もあり、なかなか長期休暇を一緒に過ごすことは出来ないと言っても良いでしょう。

平日に働いているときでも事件があれば、急な残業が入ることもあります。事件がなかなか解決しなければ、それだけ帰ってくるまでが長いので、この不規則な勤務体系に理解がないと結婚生活は苦しいでしょう。

しかし全国全ての刑事が忙しい毎日であるとは限りません

大規模な警察署に勤務している刑事だと、次から次に事件があり、まるで刑事ドラマのように休む暇はないです。

ただそれほど規模の大きくない警察署の刑事だと定時あがりで早めに帰れる刑事もいます。

刑事だからと言って、全員が絵に描いたような激務ではありませんので、あなたの結婚相手がどれぐらいの規模の警察署の刑事さんなのかによっても変わるでしょう。

 

僅かに殉職のリスクがある

警察官と言えば、殉職がある仕事として、結婚後に心配する女性も多いのではないでしょうか?

殉職と聞くと、犯人に銃で撃たれたり、ナイフで刺されたりなどをイメージするかもしれませんが、実際は交通事故による殉職が多いです。

犯人の追跡中などに交通事故に巻き込まれることが殉職の理由としては多いでしょう。

また東日本大震災では避難を優先させた結果、津波に巻き込まれて殉職した警察官もたくさんいたなど、警察官には災害の影響で殉職するリスクもあります。

しかし警察官の年間の殉職者数は年度によってバラつきがあるものの、大体10人を超えない程度です。

警察官は全国で約30万人いますので、殉職者をそれほど多くないことが分かります。

確かに他の職業に比べると殉職リスクがあるのは事実ですが、それほど高くありませんので、結婚後はあまり意識していない女性も多いです。

ただ万が一に起こる可能性もありますので、警察官との結婚を考えている女性はそれなりの覚悟を持って一緒になることを決めなければいけません。

 

結婚願望のある警察官と出会う方法


photo credit: Dick Thomas Johnson Shibuya Halloween 2016 (October 30) via photopin (license)

女性から結婚相手として人気のある警察官ですが、結婚することによるメリットとデメリットはあります。

しかしデメリットよりもメリットのほうが大きいことは事実であり、これまで警察官と結婚してきた女性の数も多いです。

警察官と結婚するデメリットを受け入れられる女性は警察官との結婚を強く希望しているのではないでしょうか?

いくら魅力的な相手でも出会いがなければ結婚することはできません

最近は警察官と結婚したい女性向けの婚活サービスも多く、婚活で警察官の結婚相手を見つける女性も珍しくありません。

警察官などの人気職に限定した婚活パーティーや結婚相談所、婚活サイトなどを使って、警察官と結婚を決める女性は多いです。

もしあなたが警察官と結婚したいものの、出会いがないことで悩んでいるのであれば、婚活パーティー結婚相談所婚活サイトなどで結婚願望のある警察官を探してみることをおすすめします。

 

警察官は意外と結婚のタイミングが早い

世間では未婚化・晩婚化と騒がれていますが、警察官の結婚は比較的早いことはご存知でしょうか?

警察官自体が女性にモテるというのもあるのですが、不規則な勤務が続く仕事ですので、交際している女性となかなか会う暇もないほど忙しいです。

また職場では仕事に集中できるように、早めに家庭を持って身を固めることを良しとする風潮があります。そのため警察官は全体的に若いうちに結婚しやすいのです。

もしあなたが警察官との結婚を考えているのであれば、早めに婚活を始めたほうが良いことは間違いありません

警察官の結婚は早いので、1ヶ月、2ヶ月と経っていくうちに、どんどん同年代の警察官は結婚していきます。

30代、40代となると若い頃に仕事漬けで出会いがなかった高年収のキャリア組を狙えるかもしれませんが、競争率はかなり高いです。

警察官と結婚したい場合は早めに婚活を始めることをおすすめします。

どこで婚活すればよいか迷っている方はマッチングサービスで婚活を始めると良いでしょう。マッチングアプリやマッチングサイトと呼ばれることもあり、お互いにいいなと思った相手とのみマッチングしてやりとりできるサービスです。無料会員から始めて、会員の警察官の顔写真やプロフィールを閲覧することもできます。

マッチングサービスの中でも婚活要素の強いマッチングサービスもありますので、まずはどんな警察官がいるのか探してみるところから始めることがおすすめです。

結婚意識の高い会員が多いマッチングサービスの無料会員で警察官を探して見る方はこちら

-警察官

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 AllRights Reserved.