保育士

保育士になるにはどうすればいいの?保育士になる方法をまとめてみた

更新日:

お嫁さんにしたい女性の職業として、最も男性から人気が高いのが保育士です。

婚活パーティーや婚活サイトでも、独身の保育士さんが参加している所には男性が集まるとも言います。

その人気にあやかって、将来結婚して幸せな家庭をつくるために保育士になりたいという女性の方も少なくはないでしょう。

あるいは、自分も保育士になって、保育士の女性と結婚したいと、理想の家族像を思い描いている男性もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、保育士になるためのポイントや方法などを詳しくまとめていきます

 

保育士になるには保育士資格が必要

保育士になるためには、保育士資格を取得するのが一般的です。

また資格取得後に都道府県知事へ登録して初めて保育士として認められます。

基本的に保育士資格の定義は児童福祉法に基づいていて、昔は保母と呼ばれていた国家資格で、男女雇用機会均等法が制定されて保育士の名前に変更されています。

保育士資格がなくても、保育の仕事に就く事は許されていますが、その場合に保育士を名乗ることは違法となりますし、保育所には必ず保育士資格者が1名以上在籍していなければなりません。

という事で、保育士資格は保育園などにとって重要な資格なのです。現在は都心部だけでなく、地方の市町村でも待機児童の問題があります。

その原因は資格を持った保育士が慢性的に不足していること、また実際に幼児を安心して預けられる保育士の確保が難しいことです。

これから保育士として働こうと考えている方は、専門学校や通信教育を利用して保育士資格を取得する事から始めましょう。

 

保育士資格を取る2つの方法

保育士資格取得の一つ目の方法は、厚生労働大臣指定の保育士養成学校などを卒業することです。2年間の専門学校などを修了した後に、自動的に保育士資格が与えられます。

そして二つ目が保育士資格の国家試験に合格することです。どちらが良いかは、人それぞれの事情で変わってきます。

 

保育士養成課程を修了する

保育士資格を確実に取得したい方は、保育士養成校で勉強をすると良いでしょう。

法的に認められている保育士養成校には、4年制大学・短大・専門学校とあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

まず大学で保育士資格を修得する場合、保育についての深い専門知識が得られること、保育園以外にも就職先が見つかること、より専門的な資格も取得できることがメリットです。ただし、4年間の学習期間が必要で、保育実習が少ないとか幼児とのコミュニケ―ション能力を経験する機会に乏しいこと、学費が高いというデメリットもあります。

では短大はどうでしょうか?

メリットは短期間で職場に出られること、保育士の実技やノウハウが学べること、地元の就職先を紹介されることです。また専門学校の場合は、入学がしやすいことや学費が安いこと、そして現場に則した勉強が受けられるメリットもあります。

ただし短大と同じでカリキュラムに余裕がなく、保育以外の学習もできない点がデメリットかもしれません。ですが、早く保育士になりたい方にはおすすめです。

 

保育士試験に合格する

保育士試験は児童福祉法で定められた国家資格試験で、保育所を運営する際には、必ず有資格者が在籍している必要があることから、保育業界においては無くてはならない資格だと言えます。

また、ちゃんと保育士を名乗る場合は保育士資格を取得するのがルールで、その為には専門学校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があるのです。

 

あなたが保育士になるには?

では、あなたがこれから保育士になりたいと希望している場合はどうでしょうか?

まずあなたが高卒の場合は、保育試験を受ける事が難しいので、保育士養成課程が受講できる学校へ進むべきでしょう。

また大卒の方や大卒の社会人の場合は、保育士試験にチャレンジする方法があります

もちろん養成学校へ入って取得する方法もOKです。主婦の方も高卒か大卒かで選択肢が変わってきますのでご注意ください。

 

高卒の人は保育士養成課程へ進むのが無難

厚生労働省に認定された保育士養成施設を卒業すれば、無試験で資格が所得できます。

あるいは保育系以外の短大以上を卒業して、保育士試験に合格したら保育士資格を取得できます。

そこで高卒の社会人の方が保育士を目指すならば、通信制の短大などがおすすめでしょう。

基本的に3年制ですが、仕事をしながら資格取得のメリットがあります。

また最短で保育士資格を取りたい方は、やはり一旦仕事をリタイアして2年制の短大に入るのが良いかも知れません。

通信制でも普通の短大や専門学校でも、定期的に科目試験を受けて合格すれば単位取得になるシステムです。

また保育士資格には実習があり、通信の方でも合計4週間程度の実習をスクーリングなどで習得します。

高卒の方はいきなり保育士試験を受験する資格を持っていませんので、働きながら学べる通信を選ぶのが得策です。

 

大卒や社会人は保育士試験を、主婦は保育士試験を受けてもいいが...

大学卒か大学の一般教養をきちんと修得している方の場合は、そのまま保育士試験に受験する事ができます

この点は高卒の方と異なり、社会人でも大卒者であれば、自己学習で試験を受けるのは可能です。

もちろん保育士養成課程を受講する方法もありますから、どちらにするかはご自分のやり易い方法で決めてください。

大卒の主婦の方も保育士試験を受験する方法があります。ですが時間的な猶予があるならば、保育士養成学校で2~3年学ぶ方が確実かもしれません。ちなみに、社会人や主婦の方には通信制大学・短大が人気になっています。

 

保育士試験とは?

保育士試験の受験資格は、大学卒業か教育課程の単位が採れていればOKです。

詳しくは全国保育士養成協議会のホームページを参照ください。筆記試験科目は9科目、保育原理や教育原理、児童家庭福祉、保育の心理学などで、それぞれ6割以上が合格点です。一度で全科目を合格しなくても3年間は合格履歴が継続されるので、それ以内に全科目をクリアすればOKです。また幼稚園教諭の資格者は筆記試験の一部分が免除になります。

一方で実技試験については、筆記試験を全てクリアした後で受ける事ができます。実技試験の科目は、音楽表現・造形表現・言語表現、それぞれに関する技術の3科目です。このうちの2科目を受けますが、実技の合格率は95%もあり、筆記試験合格者はほぼクリアできています。

 

受験資格は厳しい?

先にも述べた通り、厚生労働省が定める保育士試験の受験資格は、大学卒業か一般教育をひと通り習得していなければなりません。

つまり短大卒でも保育以外の専門学校を卒業していても受験資格が得られないので、ハードルとしては高いと言えるでしょう。受験資格を得る為に大学を卒業する人もいませんから、保育士養成課程を修得する方が得策となります。

 

試験内容は難しい?

保育士試験は筆記テストが非常に難しいとされています。保育試験の合格率は10~20%で、厚生労働省の平成25年度試験では17.4%、平成26年度は19.3%とあります。筆記試験科目は9科目であって、すべてを一発合格する比率は20%以下です。これを3年掛けてコツコツとクリアするのが一般的になっています。

 

試験の日程はいつごろ?

保育士試験は年に2回、前期試験と後期試験に分けて実施されています。

前期試験の「春筆記、夏実技」では、4月下旬に筆記試験を行い、7月初めごろに実技試験をする日程です。また後期試験の「秋筆記、冬実技」の場合は、10月下旬の筆記試験と、12月中旬の実技試験があります。ちなみに筆記試験は9科目という事で、2日間に跨って実施されます。

 

保育士に向いているのはどんな人?

保育士に向いている人とは、まず子供と関わるのが好きな人であるのは言うまでもありません

それと同時に、こまめに世話のできる人は適任でしょう。

現代の保育園では教育やしつけについても期待されているので、園児の成長する姿を嬉しく思える人、園児のために何ができるかを考えて実践するのが好きな人、いろいろな人とコミュニケーションをするのが得意な人は向いていると言えます。

ただ人とのコミュニケーションが苦手な方でも保育士になれないと悲観することはありません。

保育士の中には同年代の方とのコミュニケーションが得意でなくても、子供とのコミュニケーションがうまい人もいます。

仕事をしながら慣れていくということも多いので、保育士になりたい気持ちが強い方は保育士に向いているといっても過言ではありません。

 

保育士はストレスは大きいがやりがいも大きい

保育士の仕事は重労働で、しかも精神的にストレスが溜まり易い職業です。

小さな園児の世話はとてもデリケートで、いつも気を張っていなければなりません。

また保護者や地域の方々の反応もシビアです。小さなミスも許されない空気の中で、しかも責任は重く、給与は安いときていますから、気が滅入る事も多いでしょう。

ですが、園児たちの将来に関われる喜びや、毎日子供たちの笑顔に励まされて、やりがいが非常に大きいと実感する保育士の方はとても多くいるのです。

 

保育士へ転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれから保育士へ転職する場合は遅かれ早かれ求人を探さなければいけません。

世間では保育士の求人にどんなものがあるのかを前もって知っておくのも大切です。保育士の求人によっては給料や福利厚生に違いがありますので、どんな転職先が多いのか知っておくだけでも重要と言えます。

なかでも保育士に転職するための求人探しはリクナビネクストがおすすめです。

転職サイト最大手のリクナビネクストでは様々な求人情報を網羅しているため、保育士の求人をもちろん多く取り扱っています。

保育士への転職を決意した場合は、リクナビネクストもあわせて登録しておくようおすすめします。

保育士の求人が見つかる転職サイトはこちら

 

あなたにおすすめの記事

保育士の年収や給料はどれくらい?保育士と結婚したい男性は必見!

婚活の世界で最も男性から注目されている職業は保育士だと言われています。 結婚願望のある男性の方々にとって、まさに理想の妻というイメージの強い保育士ですが、彼女たちの生活環境はどうなっているのでしょうか ...

保育士の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

独身男性が結婚したい女性の職業として、ここ数年間ナンバーワンの人気職業は保育士です。 いつも小さな子供と笑顔で接する姿が微笑ましく、明るくて頑張り屋さんで、きっとよい奥さんになってくれるだろうと思って ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-保育士

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.