弁護士

弁護士の年収や給料はどれくらい?弁護士と結婚したい女性は必見!

更新日:

「弁護士ってどれぐらい年収もらっているの?」

結婚相手として人気のある弁護士。高収入な職業としても有名です。

ただ弁護士が年収や給料はどれぐらいもらっているのか、具体的には知らないのではないでしょうか?

弁護士は高収入といっても、人によって金額の差は大きいです。

そこで今回は弁護士の年収や給料について細かくまとめてみました。

高年収の弁護士との出会いが見つかるおすすめのマッチングサイトはこちら

 

弁護士の年収や給料は高いの?

近年では、以前と比べると弁護士の数が増えているため、弁護士の資格を持っていれば必ず高給を稼げるというわけではなくなってきました

しかしそれでも、一般的なサラリーマンと比較すると弁護士の年収は高いですね。

弁護士と言っても、国家資格を取得したばかりの新人もいれば、知名度が高い敏腕のベテラン弁護士もいるため、弁護士というお仕事でも経験値やスキル、勤務先など様々な要素によってお給料や年収は異なります。

また、専門分野によっても収入には大きく影響してくるでしょう。必ずしも高収入というわけではなくても、やはりサラリーマンよりは稼ぐことが得切る職業なのです。

 

弁護士の平均年収は約1,000万円

弁護士と言っても新人とベテランとでは当然ですが年収は異なります。

それはサラリーマンでも同じことですが、弁護士というお仕事をしている人全体の平均年収を見ると、そのお仕事が果たして高収入なのかどうかを予測することができますね。

弁護士の場合、その年によって平均収入は異なりますが、2018年現在では平均年収は1094万円となっています。過去には、平均年収が650万円程度に落ち込んだ年もありましたが、近年では大体年収が1000万円~1200万円程度が平均になることが多いようです。もちろんこの数字はあくまでも平均なので、弁護士なら必ずこの年収を稼げるというわけではありません。

こうした平均は、一部の高収入な弁護士が釣り上げていると言われています。実際には、弁護士資格を持っている人の約40%程度は、年収は1000万円以下で、中には年収が500万円以下の人も少なくありません。

しかし一方で、企業の顧問弁護士をしていたり、国選弁護人としての業務を行うことで収入が入るなど、いろいろな所から収入を得て高額所得を稼いでいる人もいます。弁護士というお仕事の平均収入が1000万円以上になるのはそのためなのかもしれませんね。

ちなみに平均的な月収は、約85万円程度となります。時給で働くフリーランスの弁護士などの場合には、時給の平均が4700円程度なのでかなり高時給なお仕事ができるでしょう。いろいろな職業がありますが、弁護士のこの年収の高さは、医師に次いで2位の職業となっています。

弁護士には男性もいれば女性もいます。男性だから働きやすいとか、女性だから働きにくいということはありませんが、勤務時間がとても長く激務になることが多い職業のため、女性の弁護士はプライベート優先で働く人は多いですね。そのためでしょうか、男性と女性の平均年収を見ると、男性の場合には平均1160万円なのに対し、女性は770万円と低めになっています。

 

弁護士の年収は就職先の法律事務所で変わる

弁護士のお仕事は、どこでどんな風に働くかによって大きく異なります。弁護士として働くためには国家資格は必要ですが、国家資格を持っているからと言って必ずしも高収入を稼ぐことができるというわけではありません

一般のサラリーマンにも言えることですが、大企業の方が年収は高い傾向にありますし、中小企業だと年収はどうしても低めになってしまうことが多いですね。

例えば、企業からの案件がたくさん入ってくる大規模な法律事務所の場合だと、普段から複数の案件を掛け持ちしながら激務をこなすことが多くなりますが、弁護士としての経験値やスキルを高めることが出来ますし、案件自体の報酬が高額なために、弁護士のお給料にも反映されやすくなります。

一方で、自営業で離婚問題などを取り扱っている弁護士の場合には、一つ一つの案件は高額ではありませんし、一人で抱えられる案件にも限度がありますから、どうしても収入という点では低くなるでしょう。

しかし、年収がそれほど高くないからやりがいもないというわけではなく、一人一人の依頼人と信頼関係を築きながら弁護に当たるため、勝訴した時には大きな満足感や達成感を得られるというメリットもあります。

 

国税庁の調べによると弁護士の収入は減り続けている

弁護士の平均収入は、毎年大きく変動しています。例えば平成22年には平均収入は1280万円とかなり高かったのですが、翌年には670万円にまで下がっています。

弁護士のお仕事は、抱える案件によって報酬が異なるため、高額案件が少ないとどうしても年収も少なくなってしまうわけですね。また、これから先、様々な要因によって弁護士の年収は少なくなる傾向にあることが予想されています。どのような要因があるのかご紹介しましょう。

まず1つ目には、弁護士の数が増えるという点があります。弁護士の数が増えることによって就職が難しくなり、資格を持っていても弁護士の仕事だけでは食べていけない人が増えると言われているのです。

2つ目は、この業界自体がすでに成熟期を迎えているため、今後少しずつ規模が小さくなることが考えられます。しかし一方で、グローバル化が進むことによって企業合併などに関する弁護士のニーズが高まるという考え方もあるため、必ずしも弁護士にとって働きづらい将来になるとは言えません。

3つ目には、弁護士の専門家が進むため、ニーズが高い分野とそうでない分野がはっきりし、ニーズが少ない分野の弁護士は収入が激減することが懸念されています。また現在でも、高額報酬の分野とそうでない分野の二極化が進んでいるため、今後はそうした差はますます広がってしまうかもしれませんね。

4つ目には、弁護士業界においても業務の効率化が進むため、これまで弁護士が手作業で行っていたり足を使って収集していた情報などが素早く入手しやすくなり、少数で案件を担当できるようになるという点も挙げられます。弁護士というお仕事がなくなる心配はありませんが、数が多くなりすぎることによって収入面でマイナスの影響を受けてしまう人が出てくるのかもしれません。

 

弁護士の年収はピンからキリまである

弁護士の年収はピンキリです。平均は1000万円でとても高いのですが、全体の4割近くは年収1000万円未満ですし、その中には年収500万円未満で働く弁護士もいます。その一方で、企業顧問や役員などを務めて高収入を得ている人もいるため、この平均年収の高さは、一部の高額所得者が釣り上げていると考えることができます。

弁護士の収入は、働く職場によってもピンキリです。たくさんの弁護士を抱えている事務所は高額な企業案件を取り扱うことが多いので収入面は高めですし、企業の案件を専門に取り扱う事務所や医療裁判を取り扱うことが多い事務所などもまた、そこで働く弁護士の年収は高めですね。

弁護士だから年収が高いというわけではありませんので、高収入の弁護士を狙うなら勤務場所に注意すべきでしょう。

ただ年収が低い方の弁護士でもそれなりに生活できるほど稼いでる人が多いです。あまり高年収の弁護士を望まないのであれば、さほど年収は気にする必要はないといっても良いでしょう。

 

そんな弁護士と出会い・結婚するためには?

弁護士と出会って結婚するためには、まずは弁護士と出会えるキッカケを模索しなければいけません。

ただ家の中で「弁護士と結婚したいな」と考えていても実現することは難しいでしょうし、日常生活の中で複数の弁護士と関わる機会がない人にとっては、結婚相手に弁護士を選ぶということは現実的ではありませんよね。

結婚するためには二人が出会わなければいけないわけですから、まずはどこに行けば弁護士に出会えるのかを考えなければいけないのです。出会うと言っても、仕事中の弁護士と出会っても恋愛に発展する可能性は極めて低いので、弁護士のプライベートな時間に出会うことが大切です。

弁護士と出会う方法はいくつかあります。まず1つ目は、弁護士が多く勤めている法律事務所で働くとか、すぐそばのオフィスビルなどで働いて、偶然の出会いを狙うという方法です。弁護士だって人間ですから、コンビニに行ったりすることはあるでしょうし、ランチタイムには職場のそばで同僚と食事をするでしょう。そうした偶然のタイミングを装うことによって、素敵な出会いを演出できます。

2つ目は、弁護士が多く利用している結婚相談所などの婚活サービスを利用するという方法です。こうした結婚相談所は、結婚する意志がある人しか登録していないので、意気投合してお付き合いがスタートすれば、その先には結婚というゴールが確実に見えるというメリットがあります。それに、弁護士が多く登録している相談所なら、素敵な弁護士に出会える可能性は高いですよね。日常生活の中で素敵な男性に出会いたいな、しかもその男性が弁護士だったら良いなと期待するよりも、自分から積極的に弁護士の男性がたくさん婚活をしている相談所を利用したほうが、効率的に素敵な人をゲットできるのではないでしょうか。

また、素敵な弁護士をゲットしたら、甘え上手になっても、相手に頼りっぱなしで一人では何もできないというのは控えたほうが良いかもしれません。なぜなら、激務である弁護士は、自分がいない時に家庭をしっかり守ってくれる女性を望んでいるからです。自分が父親のようにあれもこれもしなくてはならないのでは、疲れてしまいそうですよね。彼の忙しさもすべて受け入れるという姿勢がおすすめですよ。

弁護士と出会える婚活サービスはたくさんありますが、一番おすすめなのはネット上で弁護士との出会いを見つけられるマッチングサイトです。

マッチングサイトなら家にいながら、男性弁護士との出会いを見つけられます。

また仕事で多忙な弁護士からしても、マッチングサイトはスマホがあれば出会いを探せるぶん、利用している人も多いです。

特にマッチングサイトの中でも弁護士との出会いが見つけやすいのはゼクシィ縁結びでしょう。

ゼクシィ縁結びは遊び目的の会員が少なく、結婚に真剣な会員が多いため、結婚相手の弁護士を見つけやすいです。

まずはゼクシィ縁結びの無料会員でどんな男性弁護士がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

あなたにおすすめの記事

弁護士になるにはどうすればいいの?弁護士になる方法をまとめてみた

「弁護士になって人の役に立ちたい」 「弁護士になるにはかなり努力しないといけない」 弁護士はかなり勉強をしないとなれない職業というイメージも強いですが、人の役に立つ仕事として魅力があります。 ただ弁護 ...

弁護士の仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

弁護士といえば、映画やドラマなどで一度は憧れたことがあるのではないでしょうか? ただ映画やドラマで出てくる弁護士はとても輝いて見えますが、実際はどのような仕事内容なのか知らない人も多いです。 映画やド ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-弁護士

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.