エンジニア

エンジニアになるにはどうすればいいの?エンジニアになる方法をまとめてみた

更新日:

エンジニアは将来性が大きいとされる仕事であるため、医師や士業と並んで多くの女性から人気のある職業です。

特にソフトウェアやネットワーク系のエンジニアであれば、どこに行っても仕事を見つけることができますし、高年収を得ていることも珍しくありません。

これから婚活でエンジニアの相手を見つけたいという方であれば、エンジニアになるにはどのような資質・資格が求められるのかについて、知っておいても損はないでしょう。

ではエンジニアになるためには、どんなプロセスを経なければならないのでしょうか。

 

エンジニアになるには

エンジニアは今のところ超売り手市場であり、企業からのニーズが多すぎて常時人手不足になっていると言われるほどです。

そこで多くの若者が小学生・中学生のころからエンジニアを目指して勉強していきます。

また畑違いの仕事からエンジニアを志す人も少なくありません。

中には30歳を超えてからエンジニアを志す人さえいるのです。

エンジニアになるためにはいろいろな方法がありますが、勉強していく過程はどのような分野のエンジニアになるかによって異なります。

大学を卒業して自分が専門的に学んだ分野のエンジニアになる人もいれば、自分の興味のある分野を独学で極めてエンジニアになるという人もいるでしょう。

とはいえ、ただ漫然と勉強しても一人前のエンジニアにはなれません。

自分がどのような分野のエンジニアになりたいのかを見極めたうえで、勉強方法を見つけていくことが重要です。

 

エンジニアになるための道

エンジニアになるための道にはいくつかありますが、その一つが独学です。

もしも今までエンジニアとは全く畑違いの職業で働いていて、エンジニアの知識がまったくないという方は、最初は独学で勉強してみるのがもっとも簡単な方法でしょう。

ただし、明確な目標が立てづらく、自分で自分を律していかなければならないので、意志が強い人に向いている勉強と言えます。

別の道はエンジニア系の専門学校などに通うことです。現在ではエンジニアを育成するための専門学校が数多く開校しています。

オンラインで受講できるという専門学校も増えてきているので、スクーリング形式では忙しくてなかなか勉強できないという方にもオススメです。

また、もっとも思い切った方法が、未経験のまま就職してしまうということです。

未経験で採用されるかどうかは未知数ですが、もしエンジニアとして働き始めることができれば、プロのエンジニアから直接教えてもらうことができるのですぐに成長することができるでしょう。

ただし、意欲的に学習していく姿勢を見せなければ採用すらされませんし、採用されても相当なプレッシャーの中で仕事をしなければならないことは覚悟してください。

それではここから、様々な種のエンジニアになるためのポイントについて解説していきましょう。

  • システムエンジニアになるには
  • Webエンジニアになるには
  • 組み込みエンジニアになるには
  • 自動車エンジニアになるには
  • フリーランスのエンジニアになるには

 

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるには、情報処理やプログラミングの基本的な知識や技術を習得しておく必要があります。

そのため高専、専門学校もしくは大学で、その分野の専門科目を学んでいる必要があるでしょう。

こうした学校を卒業しても、すぐにシステムエンジニアになれるわけではありません。

短期間であれシステムエンジニアのアシスタントのような仕事をして、どんな流れで仕事をするのかを覚える必要があります。

その後、システムエンジニアとして働き始めるのです。

またプログラマーからシステムエンジニアになるケースもあります。

資格としては基本情報技術者試験や応用情報技術者試験、システムアーキテクト試験を取得すると有利になるかもしれません。

 

Webエンジニアになるには

WebエンジニアはWeb上のアプリケーションの開発などを行うエンジニアですが、求められている学歴のようなものはありません

大卒を条件にしている会社は見られるものの、多くの場合は学歴不問で求人が出されているのです。

ただし高専、専門学校、大学でプログラミングなどを勉強していれば、より就職には有利となるでしょう。

Webページを作るためのHTMLなどの技術を独学で勉強しても、Webエンジニアとして働けます。

資格面でもやはりPHPやHTML関連のものを取得すると良いでしょう。

 

組み込みエンジニアになるには

組み込みエンジニアとはあまり聞きなれないかもしれませんが、その名の通り家電や自動車などの製品の中に組み込まれているソフトウェアを開発していくエンジニアのことです。

もちろん組み込みエンジニアを育成する講座はありますが、独学でも有能な組み込みエンジニアになることは可能です。

特にC言語、TRON、ソフトウェアの知識があると、組み込みエンジニアとして働きやすくなるでしょう。

組み込み系の資格では、情報処理技術者試験が知られています。

 

自動車エンジニアになるには

自動車エンジニアとは、電気自動車やハイブリッド車を開発するエンジニアのことです。

自動車エンジニアと一口に言ってもいろいろな働き方があり、開発だけでなく実験を担当するエンジニアもいます。

高校卒業後、大学や短大、専門学校で機械工学や電気工学を学ぶことが必要になります。

その後自動車修理工場や自動車メーカーに就職して、技術や知識を高めることができるでしょう。

自動車整備士、車体整備士といった資格を持っていると有利です。

加えて環境に関する資格を持っていると、ハイブリッド車や電気自動車の開発に役立ちます。

 

フリーランスのエンジニアになるには

フリーランスで働くエンジニアは、会社員のように定時に出社・退社する必要がないという点で大きなメリットがあるでしょう。

特にWebエンジニアなどネットワーク系のエンジニアに多く見られる勤務形態です。

機械や電気系のエンジニアではフリーランスは難しいかもしれませんが、アプリケーション開発やネットワークの管理などであれば自宅で仕事ができる場合もあり、フリーランスのメリットの大きい職種です。

ただしフリーランスではその分質の高い仕事が求められますし、休んだ場合の保障などもないので、収入がガクっと落ちる可能性もあります

また、実績を積んできた実力者ほど大きな案件を任されるので、未経験からフリーランスとして働くことはかなり難しいでしょう。

 

エンジニアに向いている人はどんな人?

エンジニアに向いているのは、強い好奇心や探求心を持っている人です。

多くのエンジニアが関わっているIT関連の世界では日進月歩で新しい技術が生まれてきているため、常に新しい知識を取り入れていかなければなりません。

そのため好奇心が強くて、どんなことでも意欲的に勉強する姿勢が重要なのです。

探求心も同様で、なぜ現状はこうなっているのか、どうすれば改善できるのか、より使い勝手を良くするためにはどうしたら良いのか、ということを研究していかなければ、成果を出せないでしょう。

さらにシステムエンジニアなど顧客からの要望に合わせて製品を作る技術者であれば、顧客からの要望を汲み取って、スムーズな打ち合わせ・契約へ繋げていくためのコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

加えてエンジニアは華々しい仕事ではなく地味なものなので、それでも耐えられるメンタルを持っている人はエンジニア向きです。

 

どの大学に進学すればエンジニアになれるの?

エンジニアになるために、絶対に大学に行かなければならないという訳ではありませんが、大卒が有利であることは間違いありません

もしエンジニアになりたいというのであれば、国立大学を目指すのが賢明でしょう。

地方の国立大学であってもエンジニアとして働くことは十分可能です。

もしくは知名度のある私立大学でも就職先を多く見つけることができます。

エンジニアを目指す人は、電気系や情報系、工業系を専門にすると良いでしょう。

大学に在学中にIT情報系・電気系などの資格を取ることができれば、さらにエンジニアとして働く上での選択肢が広がります。

 

エンジニアになるのは簡単ではない

エンジニアになるために大学に行くことを考えると、エンジニアになるのはそれほど簡単ではないということが分かるでしょう。

エンジニアになってからも、いつも新しい技術や知識について勉強し続けなければ、業務についていけなくなります。

エンジニアの仕事には大きなやりがいがありますが、それと共に苦労もあることを覚えておきましょう。

もしこれからエンジニアの方との結婚を考えているのであれば、エンジニアの配偶者をずっと支えていく覚悟も必要になるかもしれません。

 

エンジニアへ転職するためにはどうすればいいの?

もしあなたがこれからエンジニアへ転職したい場合は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

エンジニアを募集している企業は多く、エンジニアの募集がよく行われています。

なかでもエンジニアとして転職するための求人探しは大手のリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイト最大手のリクルートエージェントでは様々な求人情報を網羅しているため、エンジニアの求人を多く取り扱っています。特に未経験者歓迎の求人も多いため、転職してエンジニアになりたい人向けの求人が多いといっても過言ではありません。

エンジニアへの転職を考えたい場合は、まずリクルートエージェントへ登録して、どんな求人があるのかチャックしてみるようおすすめします。

エンジニアの求人が見つかる転職エージェントはこちら

 

あなたにおすすめの記事

エンジニアの年収や給料はどれくらい?エンジニアと結婚したい女性は必見!

これからエンジニアとの結婚を考えている方であれば、出会うためだけでなく、結婚した後の将来設計もしておく必要があります。 ただ結婚すれば良いというわけではなく、配偶者にどのくらいの収入があるのか、子ども ...

エンジニアの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

もしこれからエンジニアの方と結婚したいと願っているのであれば、エンジニアがどんな職業であり、どのような仕事をしているのか、という点については知っておかなければならないでしょう。 交際している時にも相手 ...


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-エンジニア

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.