エンジニア

エンジニアと結婚したらどうなるの?メリットとデメリットまとめ

更新日:

結婚したい女性であれば、きっとエンジニア職の男性に興味があることでしょう。

エンジニアとは電気や機械などの技術者のことです。

今ではシステムエンジニアというプログラミングなどに特化したエンジニアもいて、そうしたエンジニアは比較的安定した職業になるので、将来安定した生活を築きたいという婚活中の女性からの人気も高くなります。

ではこれからエンジニアとの結婚を考えている女性の方のために、エンジニアと結婚するとどんなメリット・デメリットがあるのか、またどんな結婚生活になるのかについて検証してみましょう。

エンジニアと結婚を前提とした出会いを見つけたい方はこちら

 

エンジニアと結婚するとどんな生活になるの?

エンジニアと結婚すると、忙しすぎてまったく相手をしてくれないのではないかと心配する女性も多くいます。

さらにエンジニアは収入も高いので、浮気を心配する女性もいるかもしれません。

しかし実際にエンジニアと結婚すると、意外と一緒に時間を過ごすことができるということに気づくことでしょう。

というのは、システムエンジニアに限らずエンジニアはデスクワークも多く、残業もそれほど無いことが多いからです。

もちろん仕事自体は忙しくやりがいのあるものではありますが、オンとオフをしっかり使い分けているエンジニアは少なくありません。

休日はしっかりと休んで、家族と出かけたり遊んだりすると決めている方もいます。

加えてエンジニアの中には出社せずに在宅で仕事をしているという方もいるので、結婚した後も一緒にいられる時間が激減するということはあまりないでしょう。

子育てや家事にも積極的な人が多いので、結婚後も上手に役割分担ができそうです。

 

エンジニアと結婚するメリットとデメリットは?

エンジニアと結婚するメリットは職が安定していること、長く働けること、浮気しにくいこと、好奇心・向上心が強いことなどが挙げられます。

一方でデメリットとしては、人によってはとても忙しく、一緒に過ごす時間が取れない可能性があるということです。それぞれ具体的にはどのようなものなのでしょうか。

 

エンジニアと結婚すると嬉しい3つのメリット

  • 働き口はあるので安定
  • 女性との出会いが少なく、浮気しにくい
  • 本人の努力次第で給料アップもある

エンジニアと結婚するメリットとしてまず挙げられるのが、安定した仕事です。

エンジニアの場合、技術職であるため仕事が全くないということはまずありません。職を失ってしまってもすぐに再就職先を見つけることができることでしょう。

続いてのメリットは浮気しにくいということです。エンジニアというと高収入なので、すぐ浮気されてしまうのではないかと考えてしまうかもしれませんが、エンジニアの浮気は少ないのです。

三つ目のメリットは、年収です。業種によって異なりますが、エンジニアの平均年収はおよそ500万円から600万円です。一般的なサラリーマンと同じくらいかそれ以上の年収を得ることができます。さらに努力次第で年収が上がることもあり、これも技術職のメリットと言えそうです。

 

働き口はあるので安定

結婚すると生活を安定させてほしいというのは誰しもの願いでしょう。

その点、エンジニアはいつどんな時でも働き口を見つけることができます

特殊な技術を持っているものなので、たとえ職を失ってしまっても再就職先を見つけるのは難しくありません

そもそも職を失うというケースがあまり多くありませんが、万が一会社の倒産などで無職になってしまったとしても、仕事の人間関係などによって比較的簡単に新たな働き口を見つけることができます。

今ではリストラなどのために生活が急に不安定になることもある世の中ですが、エンジニアと結婚したら一生涯安定した生活を期待できるでしょう。

 

女性との出会いが少なく、浮気しにくい

エンジニアは高収入である場合が多いので浮気を心配する方もいますが、実はエンジニアは浮気の少ない業種です。

というのは、エンジニアの職場は男性がほとんどだからです。そのため職場での浮気の心配はほとんどありません。また多くの場合でエンジニアは仕事が好きなので、浮気をするのが面倒くさいと感じる人が多くいます。

浮気をするくらいなら、その分自分の技術や知識を向上させたいという職人気質なのです。

そして、エンジニアは仕事柄、向上心や好奇心が強く、相手から何かを学ぼうという姿勢が強く見られます

そのため子育てに積極的に携わるエンジニアは少なくありません。子どもが生まれてからも協力してくれる可能性が高くなります。

子育てを手伝ってくれる上に、家庭を大事にする人が多く見られるため、浮気の心配をしなくても良い配偶者を得られるのは大きなメリットです。

 

本人の努力次第で給料アップもある

エンジニアは技術職なので、新たな技術を取得したり資格を取ったりすると給料がアップすることも少なくありません

サラリーマンは勤務した年数などによって収入が上がるのが一般的です。

エンジニアの場合、会社が技術や資格の取得をサポートしてくれるというメリットもあります。

またエンジニアは向上心が強く、自分の好きな分野に関しては勉強するのが苦ではないという方も多いので、一生懸命勉強して資格や技術を取得するという方も多いのです。

年功序列ではなく、自分の頑張り次第で年収が上がるのもエンジニアの魅力の一つです。

 

エンジニアと結婚すると苦労する3つのデメリット

  • 職場によっては残業ばかりで帰ってこない
  • 女性との関わりが少なく、消極的
  • エンジニアによっては年収が低いこともある

エンジニアと結婚するとデメリットもあります。

まず、働く部署や業種によっては残業が多いかもしれないということです。時期によってはあまり一緒の時間が取れないということもあるかもしれません。

またエンジニアは奥手である人が多く、積極的に関わってこない場合もあります。もちろん一度打ち解けてしまえば協力的に家事・子育てを手伝ってくれますが、そこまでにいろいろな努力が必要かもしれません。

エンジニアと一口に言っても、業種などはさまざまです。平均年収は高いため、多くのエンジニアは年収が高いと言えますが、年齢や技術、業種によっては年収が平均よりも低いケースが少なからずあります。エンジニアだからといって短期間の交際で結婚してしまうと、結婚後収入が高くないことに気づくことになるかもしれません。

 

職場によっては残業ばかりで帰ってこない

多くの場合でエンジニアはそれほど残業しなくてもよいものですが、働いている業種や部署、時期によってはかなりの残業をこなさなければならないこともあります。

エンジニアの業種や会社によっては、非常に仕事の多い人もいます。

システムエンジニアなどの場合、夜遅くまで残業しなければならないというケースも少なくありません。

また機械系・電気系のエンジニアであっても繁忙期になると帰りが遅くなったり、会社に泊まりこんだりすることもあります。

そのため家にまったく帰ってこない、夜寝るためだけに帰ってくるということが起こりえます。

一年中ほとんど毎日帰りが深夜になるというようなことはありませんが、一緒に過ごす時間が一時的に激減するのは大きなデメリットと言えるでしょう。

それでもエンジニアの離婚率が高くないのは、やはり家事・育児に協力的だからなのかもしれません。

 

女性との関わりが少なく、消極的

このデメリットは結婚する前のことですが、エンジニアはあまり積極的に結婚相手を探さない傾向があります。

というのは、エンジニアは今までの人生で女性のかかわりが多くなかったからです。

高校や大学も技術者を育成する高校や学部に入っていることがほとんどです。

技術者を育成する学部などでは女性の割合が圧倒的に低く、学生時代に女性と接する機会があまりありません。

これは働き始めてからも同様で、職場に女性がほとんどいないということも珍しくありません。

そんなケースでは、いざ結婚相手を見つけようと思ってもなかなか積極的になれないものです。

実際に交際を始めてからも、自分から結婚を切り出すことができないという方もいます。

 

エンジニアによっては年収が低いこともある

エンジニアというと年収が高いというイメージがありますが、全員が高いとは言えません。

確かにシステムエンジニアや高度な技術を持つエンジニアの場合、年収が600万円から800万円といった高年収を得ていることがあります。

前述した平均年収が500~600万ということもあり、全体的には高いのですが、残念ながら平均を下げているエンジニアの方がいるのは言うまでもありません。

特に中小企業に勤務しているエンジニア、大企業の下請け会社で働いているエンジニアの場合には年収が300万円前後という方もいます

待遇の良くない会社になると、残業代が出ないというケースもあります。

ただ平均年収からわかるように、高収入と呼ばれるエンジニアが多いので、結婚するエンジニアの男性によっては年収が低いこともあると認識しておくとよいでしょう。

 

結婚願望のあるエンジニアと出会う方法

エンジニアが働いている職場はそもそも出会いが少ない場所です。

働いている女性も少なく、職場結婚は現実的ではありません。

そのため多くのエンジニアが婚活パーティーや婚活アプリを使って結婚相手を探しています。

エンジニアという職業は女性からの人気も高いので、婚活アプリなどでは比較的簡単に出会えるからです。

もしこれからエンジニアの結婚相手を探したいという方がいるのであれば、婚活パーティーに積極的に参加したり、婚活アプリを使って理想の相手を探したりできるでしょう

エンジニアは新しいサービスに敏感なので、最近流行りだしている婚活アプリを利用しているエンジニアの数は多いです。

婚活アプリは無料で始められるので、最初は婚活アプリの無料会員で、エンジニアとの出会いを探してみるとよいでしょう。

 

エンジニアは出会いが少ないため婚活で見つけられる

エンジニアとして働いている方の中には、出会いの少ない職場で結婚をするのは難しいと考えて婚活している方が少なくありません。

実際エンジニアの初婚の年齢は平均で28歳であり、多くのエンジニアが結婚を考えて婚活に励んでいます。

エンジニアと結婚することには多くのメリットがありますから、ぜひ婚活に力を入れてエンジニアとの結婚を成功させたいものです。

エンジニアとの出会いを探すのであれば、まずは無料で始められる婚活サイトから始めるのがおすすめです。

特にゼクシィ縁結びは婚活に特化した婚活サイトであり、エンジニアの男性も多く利用しています。無料会員でも男性の顔写真とプロフィールをチェックできますので、まずはどんなエンジニアの男性がいるのか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

あなたにおすすめの記事

エンジニアの年収や給料はどれくらい?エンジニアと結婚したい女性は必見!

これからエンジニアとの結婚を考えている方であれば、出会うためだけでなく、結婚した後の将来設計もしておく必要があります。 ただ結婚すれば良いというわけではなく、配偶者にどのくらいの収入があるのか、子ども ...

エンジニアの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

もしこれからエンジニアの方と結婚したいと願っているのであれば、エンジニアがどんな職業であり、どのような仕事をしているのか、という点については知っておかなければならないでしょう。 交際している時にも相手 ...

この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-エンジニア

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.