OL

OLの仕事内容はこちら!やりがいやきついのかを教えます

更新日:

ひと言にOL(オーエル)といってもさまざまで、いろんな仕事があります。

ここでは、OLの主な仕事内容やキャリアアップの方法などを紹介しています。

一見すると働きやすく安定していると思われがちなOLですが、なかにはやりがいを感じられない方もいます。

OLの仕事内容を紹介しますのでやりがいを見いだせるかどうか、またきついのかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

それではOLについてのいろんな情報を発信していきます。

 

OLは女性によって仕事内容が様々

OL(オーエル)にもいろんな仕事があるため、職種は豊富です。そのため、OLはいろんな経験ができます。派遣OLになれば、さらに働ける場所が広がるでしょう。

そんなOLですが、もっとも多い仕事といえば「一般事務」です。そもそもOLは、「Office Lady」の略で、オフィスで働く女性のことを指すため、一般事務が多いのでしょう。いわゆる事務作業がメインになるのがOLですが、営業事務や外回りの営業などもありますから、あくまで一般事務が多いというだけでそれ以外の仕事をしている方もたくさんいます

よく「普通のOL」といった言い方をしますが、いわゆる一般職で働いている女性会社員のことです。職種には大きく分けると総合職と一般職に区分され、前者は企業の基幹となる仕事に就くことになります。4年生大学卒から採用され、ありとあらゆる役務をこなしていきます。そのため、給与は業績に応じて変動するでしょう。一方で後者の一般職、いわゆる事務は、総合職の補助的な仕事になります。データ整理や資料のまとめなど、典型的な業務をこなすのが一般職です。普通のOLとは前述したとおり後者の一般職がほとんどで、昔は「お茶汲み」とも言われていました。

 

OLの仕事内容といえば

  • お茶汲みなどの庶務
  • 書類作成などの事務作業

勤務する会社によって異なりますが、先ほども述べたようにOL(オーエル)は一般職に分類されるため、データ整理や資料のまとめなどの業務を主に行います。

いわゆる事務処理がOLの仕事内容になるでしょう。またお茶汲みもOLの大切な仕事の一つです。ひと昔前はOLを「お茶汲み」と呼んでいたくらいですから、こういった庶務もOLにとっては大切な仕事となります。

 

お茶汲みなどの庶務

ずばり、OL(オーエル)といえば「お茶汲み」でしょう。いわゆる庶務雑務と呼ばれるもので、OLには欠かせない仕事のひとつです。しかし近年はこのお茶汲みが問題になっており、やっていない会社も増えています。それでも、OLといえばお茶汲みはやはり仕事内容として定番の会社も少なくないです。

お茶汲みとは、知ってのとおり来客時にお客さまにお茶を出すことを言います。会社によっては当番制になっており、順番にお茶汲みを行います。

女性の仕事であるためOL=お茶汲みと言われているわけですが、なぜ女性の仕事になっているのかというと、単純に「女性が案内してくれたほうがお客さんが喜ぶ」といったところにあります。ただお茶を入れてお客さんに運ぶだけで良いので他の業務に比べるととてもラクに感じるかもしれませんが、意外にも嫌いな人が多いと言います。

特に忙しいときのお茶汲みはイラっとするOLが多いとか。また、このお茶汲みは来客だけでなく社員にも行わなければいけない場合があり、たとえば社員が「コーヒーが飲みたい」といえば入れて運ぶことになります。

お茶汲みは、一般職でも複合職でもOLであればやるのが基本の会社も珍しくありません。

 

書類作成などの事務作業

書類作成も、OL(オーエル)にとって大切な仕事のひとつです。

もう少し詳しくいうと、資料や契約書の作成・郵便物の仕分け・メール送信・データ収集・電話対応・ファイリングなどが挙げられます。

高度な専門知識が問われるわけでもスキルが重視されるわけではないので、当然資格はいりませんし、仕事を覚えれば誰でもこなすことができます
ただ、会社によっては英語力が求められることもありますし、経理など専門知識が必要になることもあるでしょう。同じOLの事務作業でも、勤務する会社によって異なることは十分理解しておいてください。

また、事務作業は業務範囲も広いので、臨機応変に対応できることも問われます。「書類作成なんて簡単」と思っていたら、仕事が終わらず残業をするはめになることもあるでしょう。とはいえ、事務作業はほとんどの企業が必要とする人材です。OLが活躍できる場といっても良いでしょう。

 

絵に描いたようなOLの仕事はなくなってきている

ただ、近年はOL(オーエル)の仕事も変わってきています。OLといえば、前述したとおり「お茶汲み」「事務作業」が主な仕事内容です。

しかし近年では、そんな絵に描いたようなOLの仕事は減ってきています。お茶汲みを禁止とする会社もあると言いますから、OLの仕事の定義もいまひとつ定まらなくなってきているでしょう。

たとえば、受付やコールセンタースタッフ、秘書、通訳、マーケティングなど、これらもすべてオフィスワークとしてOLが担当することができます。もちろん、受付の仕事をしているからといってお茶汲みがないというわけではありません。ただあくまで、以前のような絵に描いたようなOLは減ってきているということです。近年ではOLが様々な分野で働ける職種も増えてきました。

 

OLの1日の仕事内容

OL(オーエル)の1日の仕事は、どうしても会社によって異なります。また一般事務や受付など、業種によっても変わってくるでしょう。

たとえば、大手企業で働く営業事務のOLなら、8時30分頃に出社し、1日のスケジュールとメールを確認します。
8時50分頃に朝礼があり、9時頃に電話応対。お得様から電話がかかっていますので、ひとつひとつ丁寧に対応していきます。必要に応じて担当者に取り次ぐこともありますので、大切な内容はしっかりメモを取っておきましょう。
10時頃からは資料作成です。資料作成ではパソコンが必須になりますので、ある程度パソコンができたほうが有利になります。特に、パワーポイント、ワード、エクセルなどは書類作成では欠かせません。
11時30分頃に伝票整理をし、12時頃から約1時間休憩に入ります。

休憩が終わると、会議の準備です。作成した資料配布も、OLの大切な仕事のひとつ。
14時30分頃に来客対応でお茶汲みをしたら、15時頃メール便などの仕分けを行います
16時頃、コピーやFAXを送信しますが、このとき宛先を間違えないように十分注意しましょう。
17時15分頃、1日の業務内容をまとめた「日報作成」を行い、上長に報告したら17時30分頃退社となります。

基本的に定時に上がれることが多いので、残業になるケースは少ないです。

 

OLはどのようにキャリアアップしていくの?

OL(オーエル)からキャリアアップするのは難しい!と思っていませんか?

いいえ、決してそんなことはありません。

特に一般事務や営業事務など事務職をしているOLは、キャリアアップに適しています。事務職としてスキルを高めれば他の部署への移動はもちろんのこと、転職も叶えることができるでしょう。

「キャリアアップなら資格を取ったほうが手っ取り早いのでは?」と思うかもしれませんが、資格よりも大事なことはたくさんあります。もちろん資格取得もキャリアアップに繋がりますが、それだけではキャリアアップできないのです。

例えば欠品や納期が間に合わなかった場合、先方にその旨を伝えます。納期を優先する場合、代用品の候補の提案をする必要があり、顧客にもその判断を仰ぎます。要するに「適切な判断ができる人」こそ社会で高く評価されるのです。

事務職は基本的に異動がほとんどありませんから、同じ部署で働くケースが多いでしょう。その間、部署固有の経理やマーケティングなどに詳しくなるため、若手総合職の社員に指導しているOLも少なくないと言います。

 

仕事内容は楽でやりがいを感じられないOLも多い

ただ、なかには、OL(オーエル)としての仕事にやりがいを感じられない人もいます。

OLは、何度も述べるように仕事内容は楽であり、異動も少ないですし、大きな刺激はないものの安定しています。

ただそれがやりがいを失う原因にもなっているのです。そんなときは、転職に向けて動いてみるのも良いでしょう。

OLから他の職種に転職したケースは多いですし、事務職というスキルを活かして新たな世界へ飛び込むこともできます。

もし「やりがいを感じられない」と悩んでいるOLは、ぜひ一度転職を考えてみると良いでしょう。思い切って結婚してみるのもひとつの手かもしれません。

 

あなたにおすすめの記事


この記事が気に入ったらフォローしよう

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

結婚相手を職業で選ぶならマッチングアプリがおすすめ

女性が望む結婚相手といえば、今でも医師弁護士など高収入な職業の男性が好まれています。他にも安定志向が強まっているのか、警察官消防士教師などの公務員の男性も人気です。

男性目線からすると、女性ならではのイメージが強い、看護師保育士などの職業に人気があります。

ただ特定の職業のお相手との出会いが欲しいと思っても、なかなか出会いを見つけるのは難しい職業も多いです。同じ職場ならいいものですが、自分が希望する職業というものは自分の職種と違いますよね。

しかしマッチングアプリ『ゼクシィ縁結び』なら、あなたが希望する職業の結婚相手を見つけるのは簡単です。

 

職業で絞込ができるので、出会いたい人を探せる

マッチングアプリはお相手を検索する際に、職業で絞り込んで探すことができます。

特定の職業の異性に絞り込んで検索すれば、あなたが出会いたい人だけ画面に表示されますので、普段出会えないような職業の人でも簡単に見つけることが可能です。

真剣に活動している会員が多いマッチングアプリですので、職業を偽っている人はほとんどいません

遊び目的の多い出会い系サイトなら、プロフィールを詐称する人も珍しくないです。しかし結婚を前提とした出会いを探しているマッチングアプリ会員は、結婚がゴールですので、嘘をついてもいずれ職業がばれることも分かっています。

そのためネットの出会いといっても、マッチングアプリなら簡単に理想の職業の結婚相手を見つけられるでしょう。

 

マッチングアプリはライバルが少ないから出会いに発展しやすい

マッチングアプリのほかにも、理想の職業のお相手に出会える方法があるかもしれません。

ただマッチングアプリの方がライバルは少ないので、より確実に出会いを見つけたいならマッチングアプリの方がおすすめです。

例えば医師・弁護士限定や公務員限定など参加者が絞られている婚活パーティーでも理想の職業のお相手との出会いを見つけられるかもしれません。

しかしその婚活パーティーに参加する同性のライバルは、すべてその職業の男性との出会いを求めている人たちです。マッチングアプリだと、利用している全員が公務員と出会いたいと思っているわけではありませんし、中には公務員が嫌だという同性の会員もいます。

そう考えるとマッチングアプリの方がライバルは少なくなりますので、倍率は下がり、理想の職業のお相手とのマッチングがしやすいといっても過言ではありません。

さらにマッチングアプリなら、無料で今すぐ始められますので、まずは気軽にあなたが出会いたい職業のお相手の顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

 

一番安心して出会えるのはゼクシィ縁結び

マッチングアプリは数多くありますが、中でも一番のおすすめはゼクシィ縁結びです。

  • 運営しているのは東証一部上場企業のリクルートだから安心
  • 会員数は1年で280%越えで50万人突破
  • 利用者の8割が半年以内にパートナーと出会う
  • 婚活に特化しているから遊び目的の人がほとんどいない
  • メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば無料で始められる

ゼクシィ縁結びは安心して出会えるマッチングアプリです。

24時間365日の体制でパトロール監視しているため、不正ユーザーを徹底的に排除しています。

安心して利用できるマッチングアプリだからこそ、会員数は激増し、実際に結婚相手と出会えている人も多いです。

 

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うためには?

ゼクシィ縁結びで理想の職業の相手に出会うのは簡単です。

絞り込み検索する際に「職業」の欄に希望する職業を選択して検索すれば、その職業の異性のみ表示されます

さらに年齢や住まいなども一緒に設定して検索することで、近くに住んでいる同年代の異性を検索することも可能です。

他にも年収や学歴なども設定できますし、検索して顔写真とプロフィールを実際に見るのは無料会員でもできます。

簡単に検索できますので、まずはゼクシィ縁結びの無料会員で気になるお相手が見つかるかチェックしてみるのがおすすめです。

 

ゼクシィ縁結びで実際に出会う流れ

  1. まずは無料で会員登録
  2. 職業やほかの条件を絞り込んで異性を検索!
  3. 顔写真とプロフィールを見て、気になる相手を見つけたら「いいね!」を送る
  4. 相手から「いいね!」が返ってくればマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする
  6. お互いに会ってみたいタイミングで実際にデートしてみる
  7. 交際が決まれば退会

ゼクシィ縁結びはスマホ1台あれば、簡単に結婚相手と出会えます

メッセージを事前にやりとりしてから顔を合わせるので、初対面でも話が弾みやすいという口コミが多いです。

またお互いに顔写真とプロフィールを見て「いいな」と思った相手としかメッセージのやりとりができないので、興味のない人から何通もメッセージが届く心配もありません。

自分一人で簡単に理想の職業のお相手を見つけて、出会うことができますので、いつでも気軽に出会い探しを始められます。

ここで出会いを探しに行くのと、今までと同じような生活を過ごすのとでは、どちらが結婚に近くなるか火を見るより明らかです。

無料会員から始められますので、まずはどんなお相手がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるのをおすすめします。

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

 

最大級の会員数を誇るペアーズ

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、マッチングアプリ業界の中でもトップクラスの会員数を誇っています。

ゼクシィ縁結びやwithは20代~30代がメインとなっているため、40代以上の方やバツイチ・シングルマザーの方などは出会えるお相手が限られてしまうかもしれません。

もしゼクシィ縁結びやwithだけでなく、もっと幅広く出会いを見つけたい場合は会員数の多いペアーズで同時に探してみるのがおすすめです。

ペアーズでも職業を絞り込んで検索することはできますし、会員数が桁違いに多いぶん、サブで利用するならもってこいのマッチングアプリとなっています。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

価値観を重視した出会いはwithで見つかる

「公務員と出会いたいけど、価値観も合う人がいいな」

「高収入の職業の人と結婚して、一緒に同じ趣味を持ちたい!」

もしあなたが価値観や共通点も大事に考えて、恋人との出会いを見つけたいのであれば、withを利用してみるのがおすすめです。

withは心理学をもとに価値観の合うお相手を紹介してくれるサポートが魅力のマッチングアプリとなっています。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、頻繁に恋愛診断イベントを行っていますので、利用するたびに価値観の合うお相手が見つかりやすいです。

「運命よりも、確実。」というキャッチコピーなのですが、まさにその通りとなっています。

もちろんwithでもゼクシィ縁結びと同じように職業を絞り込んで検索できますので、価値観も大切にして理想の職業の恋人を見つけたい方はwithで探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

-OL

Copyright© 理想の結婚相手を探すなら『ジョブ婚』 , 2018 All Rights Reserved.